• ホーム
  • 芸能
  • 伊集院光、新ラジオ番組150分完走で「痩せたよ、たぶん痩せた」

伊集院光、新ラジオ番組150分完走で「痩せたよ、たぶん痩せた」

 タレントの伊集院光(48)が11日、メインパーソナリティーを務めるTBSラジオ『伊集院光とらじおと』(月〜木 前8:30)をスタートさせた。前半は「なんかね、30分長い…」と感覚の違いにとまどいをみせたが、エンディングで「早かったのか遅かったのかよくわらかない」と本音をポツリ。2時間半の放送を終えると「痩せたよ、たぶん痩せた」と巨漢タレントならではの感想を伝えた。

 今月8日、前週金曜日に同局の看板番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』が最終回を迎えたばかり。30年続いた「お化け番組」の後番組として各方面からの期待を一身に背負った伊集院は、この日までに多くのメディア対応に追われた。「ちょっとみんな、俺に頼りすぎ。俺は誰にこの不安を話せばいいのかと思いながらバタバタと本番を迎えてしまった」。ラジオのカリスマも新たなプレッシャーと戦っていた。

 “悠里ロス”を心配する声も意識してか、伊集院は冒頭で「皆さんの気持ちはガッカリしながら、きょうから悠里さんじゃないんだ…って。ショックからのマイナススタートですから、我々は…」と自虐トークで笑わせる余裕も。

 そんな伊集院を救った(?)のが、月曜アシスタントの安田美香。開口一番「わっしょい! わっしょい!」と元気いっぱいだったが、この日のために買い揃えた衣装を着ることなく、パジャマのままスタジオ入りしてしまったという。本物の天然ぶりに伊集院も脱力せざるを得ず、オープニングトークはこの話題に終始。エンディングでもトーク内容より「来週は必ず服を着てきて」と、よくわからないダメ出しを行った。

 深夜ラジオでは「黒伊集院」と呼ばれるほどの軽妙なトークで、カリスマ的人気を誇っているが朝の時間帯は本人にも新鮮だった。「交通情報とかニュースを待っている経験がほとんどない。深夜のラジオはしゃべりたい放題だからなんかね、まだ30分かって感じ」と心境を説明していた。

 リスナーからはかつて日曜日に同局で放送していた『伊集院光 日曜大将軍』『伊集院光 日曜日の秘密基地』を彷彿とさせるという感想をはじめ、「安定している」「まったく問題ない」「楽しみすぎる」など好評の声が相次いでいる。



オリコントピックス