• ホーム
  • 音楽
  • 仮面女子、台湾・韓国に続きベトナム進出

仮面女子、台湾・韓国に続きベトナム進出

 アイドルグループの仮面女子が今度はベトナムにも進出する。23日にベトナム南部のドンナイ省ビエンホア市で行われる、日本との友好を図るイベント『ベトナム桜祭り2016』に出演が決まった。これまでに台湾、韓国でも公演を行ってきたが、初のベトナムで「イメージがつかめませんが、精一杯歌って踊るだけです」と気負わず臨む。

【写真】その他の写真を見る


 同祭りは、ビエンホア市やホーチミン市と共に在ベトナム日本大使館などがバックアップ。3年前にハノイとハロン、バクニン市で始まり、今回はビエンホア市などが引き継いで開催することに。開催の発端は5年前の東日本大震災。「復興支援のためにベトナムから多くの支援金や義援金が寄せられたんです。その時のお礼の意味を込め、日本の象徴でもある桜を贈ろうということで始まったのが、このベトナム桜祭りでした」(イベント関係者)。

 今年は震災から5年という節目でもあり「両国の平和の尊さを再認識するようなものにしたい」と熱が入る。「友好の輪」としてイベントも今年は南部へと拡大。「さくら祭り&アイドルオンステージ」として盛り上げることになり、そこに抜てきされたのが仮面女子だった。

 は昨年「元気種」が地下アイドルとしては初めてオリコンランキング首位に輝き、秋にはさいたまスーパーアリーナ単独公演も成功させ2万人を動員。デビュー以来、東京・秋葉原の常設劇場公演も欠かさず行っており「365日休まない公演」として「年間ステージ本数は1000本にも及ぶ」(関係者)という。

 特にベトナム南部の都市では日本のアイドルのファッションには規制が多いと言われているだけに、「仮面」と「衣装」を最大の売り物にした彼女たちのパフォーマンスはホットでエキサイティングなステージになることは確かだ。それだけに「友好の輪がベトナム全土に広げられるように頑張ります」と意欲を見せている。

 イベントはビエンホア市以外のホーチミン市でも予定されており仮面女子の他に放課後プリンセス、元アイドリング!!!遠藤舞らも出演予定だ。



関連写真

  • ベトナム進出が決まった仮面女子
  • ベトナム進出が決まった仮面女子
  • ベトナム進出が決まった仮面女子

オリコントピックス