• ホーム
  • 映画
  • 友近、朝ドラの役抜けきらず「うめの占める割合が高い」

友近、朝ドラの役抜けきらず「うめの占める割合が高い」

 お笑い芸人の友近が9日、都内で行われた映画『マクベス』(5月13日公開)日本版“マクベス夫妻”お披露目イベントに出席。NHK連続テレビ小説『あさが来た』で主人公・あさ(波瑠)を支える女中・うめ役を好演した友近は「普段アホなこと言っていても、うめはこういうこと言わないって思ったり、自分のなかでうめの占める割合が高くなっている」と役が抜けきっていないと明かした。

【写真】その他の写真を見る


 「いい役をやらせてもらえて感謝しています」と声を弾ませたが、最終回を迎えて「私自身もロスになりました」と寂しさをのぞかせる。「うめさんは人のために生きていく人。こういう生き方いいなって思います」と憧れ、「自分のなかでうめの占める割合が高くなっている。私はうめかもしれません」と話すほどのめりこんでいたと振り返り、同席したバッファロー吾郎Aも「友近というより、うめさんとして応援していた。すばらしかった」と感嘆していた。

 イベント中には、友近が女優・藤原紀香の結婚を「おめでとうございます」と祝福し、得意とする物まねを披露する場面も。関西弁で話した結婚会見の様子などをまねるも、バッファロー吾郎Aは「今はやったらあかんで」と制止。それでも懲りずに結婚指輪を見せるポーズをして沸かせた。

 ウィリアム・シェイクスピアの代表作を映画化した同作は、中世スコットランドを舞台に、欲望と野心にとらわれた勇敢で有能な戦士・マクベスが、最愛の妻“レディ”マクベスと共に歩んだ激動の生涯を描く。



関連写真

  • 『あさが来た』のうめ役を振り返った友近 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)映画『マクベス』(5月13日公開)日本版“マクベス夫妻”お披露目イベントに出席したバッファロー吾郎A、友近 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)映画『マクベス』のポスターを再現したバッファロー吾郎A、友近 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)映画『マクベス』(5月13日公開)日本版“マクベス夫妻”お披露目イベントに出席したバッファロー吾郎A、友近 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス