• ホーム
  • 芸能
  • 三宅健&滝沢秀明 ケン&タッキーでCDデビューに意欲「おいしい関係は続く」

三宅健&滝沢秀明 ケン&タッキーでCDデビューに意欲「おいしい関係は続く」

 人気グループ・V6三宅健(36)とタッキー&翼の滝沢秀明(34)が10日、東京・新橋演舞場で開幕する舞台『滝沢歌舞伎2016』(〜5月15日)の取材会に出席した。制作発表での三宅の発言をきっかけに「ケン&タッキー」コンビが本格化。“本家”ケンタッキーフライドチキンへのCM出演までゲットした。同舞台では滝沢が作曲、三宅が作詞を手がけた楽曲「Love」を披露していることもあり、CDデビューにも三宅は「出したいですよね、望まれるなら」と意欲を見せた。

 滝沢は「今回は健くんとできるということで何か滝沢歌舞伎に残したいと『歌詞をぜひ、健くん、お願いします』と作ってもらいました」と満足げ。歌詞は滝沢が「親孝行が苦手」とテレビで話していたことから着想を得て「親孝行が苦手な人の身近な人への愛や感謝、ありがとうを歌っています」と説明した。

 CDデビューには滝沢も「今回、V6のファンの方も初めてこの作品に触れられると思うので、皆さんの声がありましたら。同じエイベックスですしね」とレーベルメイトであることにも触れ、したり顔。「やりやすい!すぅって通っちゃう!」と喜ぶ滝沢に、三宅は「おいしい関係は続くってことですね!」と納得した。

 KFCの新CMでは同舞台の裏側という設定で行われているが、三宅は「CMが決まったことを知ったうちの井ノ原(快彦)くんが『貢献する』ってわざわざ、ものすごい量の(KFCを)買ってきてくれた」とうれしげに報告。「キャスト・スタッフ全員食べられるくらいけいこ場に差し入れしてくれました」と心遣いに感謝していた。



オリコントピックス