• ホーム
  • 芸能
  • 大沢悠里、30年の長寿番組に幕 最後の声は「お元気で!」

大沢悠里、30年の長寿番組に幕 最後の声は「お元気で!」

 TBSラジオの看板番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』が、丸30年を迎えたきょう8日、最終回を迎えた。長年パーソナリティーを務めてきたフリーアナウンサーの大沢悠里(75)は、充実感をにじませながら「お元気で!」と番組を締めくくった。

【写真】その他の写真を見る


 この日はいつものスタジオを飛び出し、何度も番組聴取率日本一を獲得してきたことから、“日本一”つながりで富士山の裾野・静岡県富士宮市から生中継。番組は通常パートナーは日替わりだが、この日は西村知江子(月)・佐田玲子(火)・見城美枝子(水)・陣内貴美子(木)・さこみちよ(金)も全員集合した。

 大沢とタレントの毒蝮三太夫のかけあいが名物となっている人気コーナー「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」では、毒蝮が最後に「悠里さん!どうもありがとう!」と声をかけると、大沢も「ありがとうね!」と声を張り上げる。大沢は「涙ぐんじゃった。鬼の目にも涙だね」と盟友との別れを惜しんだ。

  エンディングでは、「30年やって後悔はない。やりきった。これ以上やるとしつこい。あっさりも大事ね」とスッキリした印象。今後は「広島とか水族館とか、いろんな所に行きたい」と語り、「歩くと運が向く。リスナーのみなさんラジオを持って散歩しましょう」と呼びかけ、エンディングではパートナーたちと一緒に「お元気で!」と締めくくった。

 来週からのTBSラジオはフレッシュな新顔がTBSの午前中を盛り上げる。月曜から木曜の午前8時30分からは、タレントの伊集院光の『伊集院光とらじおと』、金曜はタレントの有馬隼人と山瀬まみによる『有馬隼人とらじおと山瀬まみと』を放送。午前11時からは作家・コラムニストのジェーン・スーによる『ジェーン・スーの生活は踊る』が放送され、毒蝮のコーナーは同番組で継続される。

 なお、『大沢悠里のゆうゆうワイド』は、リスナーから継続を望む声が多数寄せられたため、土曜日での放送が決まり、4月9日から『大沢悠里のゆうゆうワイド 土曜日版』(毎週土曜 後3:00)としてスタートする。



関連写真

  • (左から)30年間続けた番組に幕を下ろした大沢悠里、後任番組のパーソナリティーを務める伊集院光 (C)ORICON NewS inc.
  • 『大沢悠里のゆうゆうワイド』を降板する大沢悠里

オリコントピックス