たかみな卒業公演始まる アキバがお祝い

 人気アイドルグループ・AKB48高橋みなみ(25)が8日午後6時18分、東京・秋葉原のAKB48劇場で『高橋みなみ卒業特別記念公演〜10年の軌跡〜』をスタートさせた。

【写真】その他の写真を見る


 冒頭1人で登場し、スポットライトを浴びると、アカペラでインディーズデビュー曲「桜の花びらたち」(2006年2月発売)を歌唱。時折、声を震わせながらワンコーラス歌いきり、劇場公演の始まりを告げる鐘が鳴ると、こらえきれずに大粒の涙を流した。

 たかみなの「始まるよー!」の呼びかけに続き、2005年12月8日の初公演1曲目の「Partyが始まるよ」、06年10月のメジャーデビュー曲「会いたかった」をメンバーとともに披露。思い出深い曲3連発でたたみかけた。

 応募倍率は定員250人に対し、252.80倍の6万3200人。初公演から10年4ヶ月。“ホーム”秋葉原の中央通りでは、稀代のリーダーの卒業を祝う「高橋みなみAKB48卒業」のフラッグやのぼり旗が、家電店・飲食店の店頭、街灯など各所ではためいている。



関連写真

  • AKB48劇場で始まった高橋みなみ卒業特別記念公演(C)AKS
  • AKB48劇場で始まった高橋みなみ卒業特別記念公演(C)AKS
  • AKB48劇場で始まった高橋みなみ卒業特別記念公演(C)AKS
  • AKB48劇場で始まった高橋みなみ卒業特別記念公演(C)AKS

オリコントピックス