• ホーム
  • 芸能
  • 綾瀬はるか主演『精霊の守り人』新キャストに壇蜜、ディーンら

綾瀬はるか主演『精霊の守り人』新キャストに壇蜜、ディーンら

 女優の綾瀬はるか(31)が主演するNHK大河ファンタジー『精霊の守り人』シーズン2の新キャストが8日、発表された。綾瀬演じる女用心棒バルサの活躍を描く冒険譚。この日、東京・渋谷の同局で行われた会見には、綾瀬、成長したチャグムを演じる板垣瑞生、バルサが用心棒となる少女アスラ役の鈴木梨央のほか、鈴木亮平真木よう子壇蜜柄本明が出席。このほかにもディーン・フジオカ橋本さとし品川徹伊武雅刀渡辺えり岩崎う大かもめんたる)、織田梨沙、小市慢太郎の出演が明らかになった。

 3月19日よりシーズン1がスタートし、あす9日(後9:00)にシーズン1の最終回を迎える。原作は、2014年に国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子氏が、1996年から2007年にかけて発表した「守り人シリーズ」。全12巻を脚本家の大森寿美男氏が22回のドラマに編み直し、3年がかりで映像化。シーズン2は来年1月より、シーズン3は2018年に放送される予定。

 来週からシーズン2の撮影が始まることから、アクションシーンに備えてけいこを始めているという綾瀬は、「ファンタジーとはいえ、描いていることは人と人の繋がりだったり、普遍的な人間模様。シーズン2もそういう部分を大切に、葛藤しながらも成長して少し大人になったバルサを演じられたら」と抱負を語っていた。

 水と森の国「新ヨゴ国」が舞台だったシーズン1から一転、シーズン2は『神の守り人<来訪編・帰還編>』『蒼路の旅人』『天と地の守り人<第1部>』をもとに、広大な草原と、大海原が舞台になり、海賊が暴れ、鷹に魂を乗せた呪術師が空を舞う、壮大なドラマが繰り広げられる。



オリコントピックス