• ホーム
  • 芸能
  • 今田耕司、“あるある”ネタで新番組 深夜から育て「いずれは上の時間に」

今田耕司、“あるある”ネタで新番組 深夜から育て「いずれは上の時間に」

 お笑いタレントの今田耕司が、テレビ朝日の新番組『あるある議事堂』(4月9日スタート、毎週土曜 深2:15〜2:45※関東地区及び一部地域にて放送)の“議長”に就任。「チャンスをいただいたので、できるだけ長く続けて、いずれは上の時間に行けるようにと思っています」と、意気込みを語った。

 番組は、職業、趣味、境遇など同じカテゴリーに属する人を証人喚問し、その人たちならではのユニークな“あるある”ネタを議案に、爆笑と失笑、共感と反感が入り混じる熱い議論を交わすバラエティー。なかなか知る機会のない“濃い世界”の“深い話”を、今田議長が巧みな議事進行で引き出していく。

レギュラー放送に先駆け、きょう8日には『あるある議事堂 2016年度 春の緊急議会』(後11:35〜深0:35※一部地域を除く)として、GENKING、舟山久美子、辺見えみりなどが出演し、「週末 大型商業施設でトークショーをしている芸能人あるある」と、北村まりこ、紘毅などの2世タレントを集めて「いまいち仕事の入らない2世タレントあるある」の2本を放送する。

レギュラー放送初回の9日は、LUNA SEAの真矢、TUBEの松本玲二、シャ乱Qのまことなど、伝説的バンドのドラマー5人が、「メンバーには言えないドラマーの本音あるある」をテーマに激論を交わす。「車を運転中、ウインカーのリズムに反応してしまう」「ドラマーは、ドラマーだけが集まるドラム会でテンションが上がる!」など、知られざる“あるある”話で盛り上がる。

 「ドラマーあるある」の収録後、今田は「議題がみなさんご自身のことなので、違うところでお会いするときより話がスムーズ。ほかのバンドメンバーがいるとなかなか見れない顔が見れて、理想の形だったんじゃないですか」と手応えにほくそ笑んだ。

 進行をサポートする副議長役には週替わりで後輩芸人を起用。8日の『春の緊急議会』では劇団ひとり、レギュラー放送初回はハライチの澤部佑が担当する。今田は「東京の芸人の若い子と仕事をするのも僕にとっては新鮮。毎回、違う子が来てくれるというので楽しみです」と期待を寄せ、さらに「深夜放送中に、セクシー女優系あるあるはぜひやっておきたい。話を聞きたい人が何人かいるんで、キャスティングは僕がやりますよ」と張り切っている。



オリコントピックス