• ホーム
  • 映画
  • ジェームズ・ワン監督作『死霊館』続編7・9公開決定

ジェームズ・ワン監督作『死霊館』続編7・9公開決定

 映画『ソウ』『インシディアス』で知られるジェイムズ・ワン監督によるホラーシリーズ第2弾『The Conjuring 2』の邦題が『死霊館 エンフィールド事件』に決定し、7月9日に公開されることがわかった。

 前作は、1960年以降、アメリカを中心に数々の心霊事件を解決に導いてきた実在の心霊研究家・ウォーレン夫妻が極秘にしてきた事件を描き、全世界興収350億円超えのヒットを記録した。

 今作の舞台は、ロンドン北部エンフィールド。正体不明の音・不穏な囁き声・人体浮遊など数々の不可解現象に苦しむ少女ジャネットと4人の子を育てるシングルマザーを救うため、ウォーレン夫妻は再び恐怖の元凶と対峙することになる。

 ウォーレン夫妻を演じるのは、パトリック・ウィルソンとヴェラ・ファーミガ。ポルターガイストの恐怖に苦しむ少女ジャネット役には、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』などに出演する子役マディソン・ウルフ、シングルマザーのペギー役をフランシス・オコナー(『A.I.』)が演じる。



タグ

オリコントピックス