• ホーム
  • 映画
  • miwa&坂口健太郎が映画W主演 バンド演奏も披露

miwa&坂口健太郎が映画W主演 バンド演奏も披露

 シンガー・ソングライターのmiwaと俳優の坂口健太郎が、映画『君と100回目の恋』(2017年2月公開)でW主演することが6日、わかった。miwa演じる大学生の葵海(あおい)を事故から救うため、坂口演じる幼なじみの陸(りく)がすべてをかけて何度もタイムリープするラブストーリー。物語の中核を担うラブソングをmiwaが描き下ろし、劇中では二人が仲間と組むバンド演奏も披露する。

 「脚本を読んで、ラストは涙が止まらないほど、とても切ない気持ちになりました」というmiwaは、「音楽も作品の肝になっていて、劇中でバンドを組む設定なので、今ちょうど曲を作っていますが、自分で歌うのとはまた違った楽しみがあるなと思っています」と心を踊らせている。初共演となる坂口とは「私は映画が2本目で、演技経験がほとんどないのでこんなにセリフがある役はとても不安だし、プレッシャーですが、坂口くんに引っ張ってもらって、同世代の方が多く出演されるので、和気あいあいと楽しくできればいいなと思っています」と意気込んでいる。

 ギターに初挑戦した坂口は「人前で演奏したり、歌うことは全く未知の世界です。しっかり弾けなくてはならない役柄なので、時間を掛けて頑張りたいと思っています」と丁寧につくり上げていくと話し、「miwaさんは、きっと天真爛漫な葵海のような人だと思うので、とても楽しくなりそうだなと思っています」と期待を寄せている。

 監督は、映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』の月川翔氏、脚本は『ダーリンは外国人』の大島里美氏が担当。映画の製作と並行して、28日発売の『週刊ヤングジャンプ』で、同タイトルの漫画連載がスタート。秋以降には、集英社オレンジ文庫にて、本作の関連小説の出版も決定している。

 月川監督は「自分の人生を捧げて相手を想い合う…そんな究極の恋愛映画にしようと意気込んでいます。永遠に繰り返せる時間と、たった一度きりのこの瞬間を前にして、主人公たちが何を選択し、どう生きるのかを描きたいと思っています」とコメント。「撮影に向け、熱意を持って楽器練習をしている俳優たちの様子からも、熱い音楽シーンが生まれると確信しています」と手応えをにじませている。



オリコントピックス