• ホーム
  • 映画
  • 野村萬斎、映画『花戦さ』で池坊専好役 市川猿之助と初共演

野村萬斎、映画『花戦さ』で池坊専好役 市川猿之助と初共演

 狂言師の野村萬斎と歌舞伎役者の市川猿之助が、映画『花戦さ』(2017年公開)で共演することが5日、わかった。ジャンルは違えども、日本を代表する伝統芸能の継承者である萬斎と猿之助が共演するのは、今回が初めて。野村は、花を生けることで戦乱に生きる人々の心を救う花僧・池坊専好、猿之助は、専好と対立する事になる天下人・豊臣秀吉を演じる。

 文禄3年(1594年)、池坊専好が豊臣秀吉に前田利家邸で披露したといわれる「大砂物」(全幅7.2メートル、高さ3.5メートルに及ぶ立花)から生まれた伝説に着想を得た、鬼塚忠氏の小説『花いくさ』(KADOKAWA刊)。これまであまり知られることのなかった初代・池坊専好という花の名手と千利休の友情と、戦国時代において京都の町衆である六角堂にいる花僧が、彼らの代表者として、時の権力者である豊臣秀吉の乱心に、刃ではなく、花をもって相手を仇討した物語に製作サイドが感銘を受け、映画化が実現した。

 クランクイン前に華道の指導も受け、一つの細かい所作にもこだわる徹底ぶりを見せている萬斎は「命あるものに更なる命を吹き込む、純粋(ピュア)な存在として演じたいと思っております」とイメージを膨らませ、「専好は華道において“中興の祖”とも言われていますが、伝統を受け継ぐだけではなく、常に時代の空気を感じながら、“その時々の花の美しさ”を追求する。その姿勢は世阿弥も言っていることであり、我々の狂言の世界と相通ずるものがあると思っております」とコメントを寄せている。

 そのほか、専好と深い友情と信頼を築き、共に美を追い求めた茶人・千利休を佐藤浩市、織田信長を中井貴一、前田利家を佐々木蔵之介が演じる。

 脚本は『JIN-仁-』『ごちそうさん』『天皇の料理番』で知られる森下佳子氏が担当。『山桜』や『小川の辺』など、時代劇でもその手腕をみせた篠原哲雄氏が監督、音楽はスタジオジブリ作品、北野武作品などで知られる久石譲氏が担当する。

 10日にクランクインし、大覚寺、妙心寺、鹿王院、仁和寺、南禅寺、梅宮大社、随心院などの京都を代表する場所でも敢行。海外に向けて日本を紹介できる様な映画になるという。



オリコントピックス