• ホーム
  • 芸能
  • 『とと姉ちゃん』初回視聴率22.6% 今世紀2番目の好発進

『とと姉ちゃん』初回視聴率22.6% 今世紀2番目の好発進

 4日よりスタートしたNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(月〜土 前8:00 総合ほか)の初回平均視聴率が22.6%(関東)だったことが5日、わかった。

 2日に終了した前作『あさが来た』の最終回は27.0%(関東)、期間平均(全156話)は今世紀最高の23.5%(関東)を記録した勢いを受け、好発進。今世紀の連続テレビ小説では、2001年後期『ほんまもん』(主演:池脇千鶴)が持つ初回の最高記録23.1%に次ぐ、記録となった。初回20%超えの記録も『あまちゃん』以来7作連続に伸ばした。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ。

 シリーズ第94作目となる『とと姉ちゃん』は、雑誌『暮しの手帖』を創刊した大橋鎭子をモデルにしたヒロイン・小橋常子が、生前の父が教えてくれた「当たり前の暮らしがいかに大切か」という教えを胸に、2人の妹と母を守り、激動の昭和を駆け抜けていく物語。連続テレビ『ごちそうさん』で注目された高畑充希が、満を持してヒロインを演じる。

 第1週で描かれるのは、常子がとと(父)と「家族を守る」約束をする物語のの出発点。高畑の出番は第1回の冒頭と、第6回(4月9日)の最後のみ。常子の少女時代を演じるのは内田未来。父・竹蔵に西島秀俊、母・君子に木村多江、次女・鞠子に須田琥珀(子役)、三女・美子に川上凛子(子役)、叔父・小橋哲郎に向井理が配役されている。第2週からは次女・鞠子を相楽樹、三女・美子を根岸姫奈、後に杉咲花が演じていく。

 語りは、女優の檀ふみ。主題歌は、約5年ぶりの再始動で話題の宇多田ヒカルによる新曲「花束を君に」。脚本は、オリジナルアニメ『TIGER&BUNNY』やドラマ『怪物くん』『妖怪人間ベム』『信長協奏曲』などのマンガ原作の実写化脚本、映画『小野寺の弟・小野寺の姉』では監督を務めた西田征史氏が連続テレビ小説に初挑戦している。

◆最近のNHK連続テレビ小説の初回視聴率
2015年後期 『あさが来た』(波瑠)21.2%
2015年前期 『まれ』(土屋太鳳)21.2%
2014年後期 『マッサン』(玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス)21.8%
2014年前期 『花子とアン』(吉高由里子)21.8%
2013年後期 『ごちそうさん』(杏)22.0%
2013年前期 『あまちゃん』(能年玲奈)20.1%
2012年後期 『純と愛』(夏菜)19.8%
2012年前期 『梅ちゃん先生』(堀北真希)18.5%
2011年後期 『カーネーション』(尾野真千子)16.1%
2011年前期 『おひさま』(井上真央)18.4%
2010年後期 『てっぱん』(瀧本美織)18.2%
2010年前期 『ゲゲゲの女房』(松下奈緒)14.8%



関連写真

  • 4月4日スタート、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』ヒロイン・小橋常子を演じる高畑充希(C)NHK
  • (左から)小橋家のとと(父)・竹蔵(西島秀俊)、次女・鞠子(須田琥珀)、三女・美子(川上凛子)、長女・常子(内田未来)(C)NHK
  • 常子の幼少期を演じる内田未来(C)NHK

オリコントピックス