• ホーム
  • 映画
  • クロエ・グレース・モレッツの美しい“おびえ顔”公開

クロエ・グレース・モレッツの美しい“おびえ顔”公開

 米女優のクロエ・グレース・モレッツが主演する映画『フィフス・ウェイブ』(23日公開)。米映画サイトが発表する『最も美しい顔100人』で4年連続トップ10入りするクロエの“美しいおびえ顔”が見られる本編映像が5日、公開された。

 本作は、ある日突然、どこから来たのかも、その攻撃の理由も全く分らない知的生命体“アザーズ”に襲われる現代の地球が舞台。人類は第1の波=暗黒、第2の波=崩壊、第3の波=感染、第4の波=侵略という次々と仕掛けられる攻撃により、99%が死滅してしまう。

 第4の波で人類に紛れ込んだアザーズは、生き延びた残り1%の人間たちを狙い始める。見かけは人間と変わらないアザーズに命を狙われるキャシー(クロエ)は、誰も信じられない状況でひとり恐怖におびえながらサバイバルしていた。

劇中でも最大の謎となる第5の波“フィフス・ウェイブ”にちなみ、毎月5日を“フィフスの日”として新たな情報を解禁してきたが、第4弾となる今回は本編映像を解禁。クロエ演じる主人公キャシーがこれまでに起こった第1〜4の波を説明するところから始まる。

“アザーズ”のリアルな攻撃について、クロエは「観客の皆はキャシーと全く同じ気持ちになって映画を観ちゃうはずよ」とコメント。

『スパイダーマン』の主演俳優で知られ、同作でプロデューサーを務めるトビー・マグワイアは「“実際に起こり得る攻撃”で人類を攻撃するのはとてもユニークで、今までにないSF映画になっているよ」と手応えをにじませている。

■『フィフス・ウェイブ』本編映像
https://youtu.be/o20rY6jciSQ



オリコントピックス