• ホーム
  • 芸能
  • 高良健吾『書』で新社会人にエール「考えること」

高良健吾『書』で新社会人にエール「考えること」

 俳優の高良健吾(28)が4日、都内で行われた『キリン淡麗極上〈生〉』新CM発表会に出席。新社会人に向けて、小学校の時から習っていたという書道でメッセージをおくった。

【写真】その他の写真を見る


 高良は力強い筆使いで「考」としたため、「いま、考えすぎるなとか、感じろとか、直感を大切にしろとか言われていて、考えることがネガティブに捉えられることがありますよね」と前置きし、「でも自分はとにかく考えまくってからの先にある言葉だと思っているんです。変に最初から自分の勘や感覚を信じ過ぎず、その前に考えることはすごい大切」とエールを送った。

 新CMで高良は商社の課長という設定の“淡麗侍”を演じ、この日はCMで共演した馬に乗って登場。高良が社会で学んだことを問われると「16歳の時に仕事を始めて、怒られてばかりだった。そのとき『失敗を怖がるな』と言われて、それからとにかく怒られるかもしれないけどやってみるという意識になりました」と語った。

 同CMは、あす5日からオンエアされる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 書で新社会人にエールを送った高良健吾 (C)ORICON NewS inc.
  • 高良健吾 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス