笑福亭鶴瓶×松本人志、番組MCで初タッグ

 落語家でタレントの笑福亭鶴瓶と、お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志がMCを務める番組『鶴瓶&松本の怪人図鑑』が、TBSで14日(深0:10〜1:25)に放送される。テレビ界のビッグネームの2人がMCでタッグを組むのは意外にも今回が初。スタジオセットに描かれている怪人のデザインを漫画家・楳図かずお氏が担当するなど、装飾も豪華に二人の“競演”を盛り上げる。

 番組では、ドランクドラゴン鈴木拓ギンナナ金成公信麒麟田村裕三四郎の小宮浩信がディレクターとなってとある街のディープな場所を訪ね、普通の人がちょっと避けて通るような異彩を放つ人物にターゲットを絞り込んで取材。その中から鶴瓶と松本が特に興味を持った人物を“大怪人”に認定する。

 大阪の新世界・西成・日本橋・岸和田に金成が、沖縄の那覇市・糸満市・座間味島((ざまみじま)に田村、東京の秋葉原と中野を小宮、原宿と上野を鈴木がリポート。スタジオでは鶴瓶、松本が「なぜその人を取り上げたのか?」「普段は何をしている人なの?」「もっと深く追っかけなあかんやろ!!」と、次々に飛び出してくる怪人たちに興味津々。取材した芸人ディレクターたちも、鶴瓶と松本の鋭い突っ込みに「いや、ホント危ないと思いまして…」「取材後、臭いがトラウマです」「これ以上は出せません」など、それぞれに取材の苦労を報告する。

 登場する怪人たちは特殊なオーラを放っている人物ばかりだが、その裏側には様々な人生の機微が潜んでいたり、成功すればとてつもない可能性を秘めた研究を人知れず重ねている人物などさまざまで、驚きの連続だ。果たして鶴瓶と松本が認定する大怪人は誰か?



関連写真

  • 番組MCは笑福亭鶴瓶(右)と松本人志(左)(C)TBS
  • TBSで4月14日深夜、1時間半の特番として『鶴瓶&松本の怪人図鑑』を放送(C)TBS

オリコントピックス