• ホーム
  • 芸能
  • 千原ジュニア、“自宅不倫”で 謝罪記者会見に挑戦

千原ジュニア、“自宅不倫”で 謝罪記者会見に挑戦

 お笑い芸人の千原ジュニアが、まさかの“50代の銀座のママと自宅不倫”で謝罪会見!? これは、きのうのエイプリルフールネタではなく、5日に放送されるABC・テレビ朝日系『芸能人格付けチェック〜一流芸能人に常識はあるのか!?前代未聞の4時間スペシャル〜』(後7:00〜10:48)の企画の一つ。

 “常識”があるかどうかを試すさまざまなチェックを受け、万が一、間違えてしまったら、ランクが、一流→普通→二流→三流→そっくりさん→映す価値なし(実際に画面から消滅)と、どんどん格下げされてしまう。今回は「食事の作法」「料理をするうえでの常識」「謝罪会見の仕方」など、一流芸能人なら知っていて当然の常識が徹底的に試される。

 中でも、視聴者の反感を買うと、起こした不祥事以上に大変な事態になってしまうのが、謝罪会見の難しさ。「お詫びの言葉がちゃんと入っているか?」「お辞儀は45度で20秒以上」「怒る、笑うはNG」「ノーコメントはダメ」など、抑えるべきポイントがあると言われる。「視聴者が許してくれる謝罪記者会見」とはどういうものなのか。ジュニアをはじめ、芥川賞受賞作家・羽田圭介氏、女優の高岡早紀岡江久美子、元衆議院議員で宮崎県知事を務めたことがあるタレント・東国原英夫の5人が挑戦する。

 5人は、それぞれ異なる不祥事を起したという設定の中で、芸能リポーターの阿部祐二氏と駒井千佳子氏が参加する本物さながらの臨場感あふれる謝罪会見に挑む。一方で、ワイドショーが大好きな既婚女性30人を集め、ジュニアら5人の記者会見を見て、許すかどうかを判定。30人中20人が「許す」とボタンを押せばクリア。常識ラインは5人中3人とする。

 まだ新婚なのに不倫をしてしまったという設定のジュニアは、駒井リポーターからの「なぜ20代の奥様がいるのに50代のママと不倫を?」という質問を受け、「若い子にはない包容力があった」と返答。阿部リポーターから「そもそもなぜ自宅不倫だったのか?」と突っ込まれると、「(ホテルが)全部満室だったので」と答え、自分で笑ってしまうなど、謝罪会見ではやってはいけないことを連発していた。

 さらに、リポーターの指摘で不倫相手のママとのLINEまで流出していること(あくまで設定で)が発覚し、ジュニアはどんどん追いつめられていく。ジュニアは、女性たちの共感を勝ち取り、この項目をクリアすることができるのか!?

 司会は浜田雅功ダウンタウン)、進行はABCのヒロド歩美アナウンサー。 

■一流芸能人たち(50音順)
泉ピン子、岡江久美子、篠原信一陣内貴美子陣内孝則、高岡早紀、田中美佐子、千原ジュニア、羽田圭介、東国原英夫、恵俊彰薬丸裕英和田アキ子



関連写真

  • 千原ジュニア、4月5日放送、ABC・テレビ朝日系『芸能人格付けチェック』で謝罪記者会見に挑戦(C)ABC
  • 一流芸能人としての常識力が試される!!(C)ABC

オリコントピックス