• ホーム
  • 音楽
  • 林家木久扇、“三世代ユニット”結成 新曲が落語家初『みんなのうた』に

林家木久扇、“三世代ユニット”結成 新曲が落語家初『みんなのうた』に

 長寿番組『笑点』でおなじみの落語家・林家木久扇(78)が、長男で弟子の木久蔵(40)、孫2人、元オフコースの鈴木康博(68)とともにユニット「木久ちゃんロケッツ」を結成した。新曲「空とぶプリンプリン」(6月22日発売)を制作し、NHK『みんなのうた』(6-7月)で放送されることが決定。放送55周年を迎える『みんなのうた』で落語家が歌唱を担当するのは今回が初で、放送で使用されるアニメーションも木久扇が描き下ろしたイラストを元に制作される。

 2014年7月末に初期の喉頭がんと診断された木久扇は、1ヶ月半の休養の末、仕事復帰したことを機に、「自分、子、孫の三世代が一緒になって、形になるものを残せないか」と思案。そこに『みんなのうた』サイドから楽曲制作の依頼があり、実現に至った。

 楽曲テーマとして選んだのは、自身が子どもころにはなかなか食べられなかった甘い洋菓子。なかでもぜいたく品だった、カスタードをたっぷり使った「プリン」への憧れを込め、木久扇の代名詞でもあるダジャレとさまざまな洋菓子の名前がふんだんに盛り込まれた歌詞が完成した。作曲・編曲は家族ぐるみで親交がある元オフコースの鈴木が手がけた。

 木久扇は過去に「いやんばか〜ん」など3枚のレコードを発売。今作は歌手としては37年ぶりのリリースとなる。レコーディングは2月中旬に実施。孫のクミさん(9)、コタくん(8)姉弟は学業の合間を縫ってのレコーディングとなったが、木久扇、木久蔵が見守り、アットホームな雰囲気の中で進められた。

 木久扇は「喉頭がんが治ったことだけでもうれしいのに、親子三世代で歌えるということはとてもぜいたくなプレゼントをいただいたようで、本当にありがたいです。この曲がヒットして、全国のケーキが売れて、ケーキ屋の一日店長をやって、“ケーキの日”ができるくらいに頑張りたい」と意気込んでいる。

 NHK『みんなのうた』で流れるアニメーションのほか、CDジャケットも木久扇が描き下ろしたイラストが使用される予定。漫画家・清水崑氏に師事し、プロの漫画家でもあった木久扇の絵の才能にも注目だ。



オリコントピックス