• ホーム
  • 芸能
  • 小林ゆう、猫化した歴史上の人物を「精いっぱい」「丁寧に」

小林ゆう、猫化した歴史上の人物を「精いっぱい」「丁寧に」

 声優の小林ゆうが1日、東京・渋谷のNHKで4月6日よりEテレ天てれアニメ枠で放送されるショートアニメ『ねこねこ日本史』(毎週水曜 後6:45〜6:54)の第1話試写会に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 もしも、あの偉人が猫だったら…という斬新な発想から紡がれる、そにしけんじ氏作のねこ漫画が原作。小林は、第1話では卑弥呼、第2話(13日放送)では織田信長、第3話(20日放送)では坂本龍馬、第4話(27日放送)では聖徳太子…と、毎回異なる猫化した歴史上の人物を演じる。

 小林は「たいへんご高名な歴史上の方がにゃん物化して、その生き様をアニメにしているんですが、周りも皆、猫で、世界観がほのぼのしていてすてきで、それでいてためになる作品。精いっぱい演じさせていただいています」とあいさつ。

 「昨今、猫が人気だと思うのですが、猫生態を生かしたアニメーションになっています。猫が好きな方なら、『わかるかわる』と思えることがアニメの中に含まれていて、猫をよく知らないという方には『ねこってそうなんだぁ』と知っていだける、いろいろな角度から楽しんでいただけると思います」と、独特の言葉遣いでアピールした。

 猫化されたキャラクターを演じるために、「本物の猫さんから鳴き声を勉強させていただいたのですが、あまり出てこないんですね(笑)」。リアルな声帯模写よりも猫の生態と主役となる人物の“正体”にスポットを当てた作品。小林は「人物らしさをお伝えできるように、生まれた時から最期をお迎えするような時まで、丁寧に演じさせていただいております」。今後、演じてみたい歴史上の人物として「新選組」を挙げていた。

 試写会には河村友宏監督も出席した。



関連写真

  • 猫化した歴史上の人物を演じる小林ゆう (C)ORICON NewS inc.
  • かわいくポーズを決める小林ゆう (C)ORICON NewS inc.
  • 『ねこねこ日本史』の第1話試写会に出席した(左から)河村友宏監督、小林ゆう (C)ORICON NewS inc.
  • 『ねこねこ日本史』の第1話試写会に出席した小林ゆう (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス