• ホーム
  • 芸能
  • バナナマン日村、勇気が足りず反省「行くときは行かなきゃ…」

バナナマン日村、勇気が足りず反省「行くときは行かなきゃ…」

 お笑いコンビ・バナナマンウエンツ瑛士が4月1日、東京・赤坂のTBSで4月24日スタートの新番組『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』(毎週日曜 後7:56※初回は2時間半SP、後6:30〜8:54)の収録後に取材に応じた。

【写真】その他の写真を見る


 番組は、さまざまなジャンルの一流のプロたちが、番組の用意した一風変わったルールの珍種目で対決。そのNo.1を決める“勝負”と、競技をダービーに見立て、予想オッズを参考にコインをかけて勝者を予想するスタジオゲストたちの攻防の両輪で展開していく。バナナマンの設楽統とウエンツがMCを務め、バナナマンの日村勇紀がスタジオレギュラーとして出演。

 「コインの賭け方にその人の本質が現れる。きょうの日村さんを見ていて、すごく貯金しているんだろうなと思った」とウエンツ。日村は最終的なコイン獲得数に不満が残る結果となり、「ウエンツが言ったとおり、性格出るし、(初回ゲストの)香川照之さんとか強気でいって、それがハマるんだよね。行くときは行かなきゃダメなんだよ。だから、ダメなんだよ、オレ」と、あと一歩“勇気”が出せない自分自身を反省していた。

 設楽はそんな相方を見ていて「面白かった」と満足げ「収録はずっと楽しくて。珍種目の対決が問題になっているんですが、その出し方もいい感じで。自画自賛です」と新番組の手応えを語っていた。



関連写真

  • 『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』に出演する(左から)江藤愛アナウンサー、バナナマンの設楽統、ウエンツ瑛士、バナナマンの日村勇紀 (C)ORICON NewS inc.
  • MCを務める(左から)バナナマンの設楽統、ウエンツ瑛士 (C)ORICON NewS inc.
  • 『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』でMCを務める(左から)バナナマンの設楽統、ウエンツ瑛士 (C)ORICON NewS inc.
  • 『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』に出演するバナナマンの設楽統、ウエンツ瑛士、バナナマンの日村勇紀 (C)ORICON NewS inc.
  • 『珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー』に出演するバナナマンの設楽統、ウエンツ瑛士、バナナマンの日村勇紀 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス