• ホーム
  • 音楽
  • 宮澤佐江、涙と笑顔でSKE48卒業「楽しいことでいっぱいだった」

宮澤佐江、涙と笑顔でSKE48卒業「楽しいことでいっぱいだった」

 アイドルグループ・SKE48宮澤佐江が3月31日、名古屋・栄のSKE48劇場で卒業公演を行った。2014年4月から中国SNH48との兼任で加入した宮澤は「こうやって私が終止符を打たせていただけたのもSKE48のファンの皆様のおかげです」とSKEファンに感謝し、同劇場から巣立った。

【写真】その他の写真を見る


 卒業セレモニーでは、松井珠理奈が感謝の気持ちを込めた手紙を読み上げた。「佐江ちゃん、まずはSKE48に来てくれて本当にありがとう。みんな佐江ちゃんからはいろんなことを教えてもらいました。かっこいい佐江ちゃんの背中をいつも追いかけて来たので、正直わたしたちも寂しいです」と惜別。

 続けて「佐江ちゃんが卒業した後も安心してSKE48を見守ってもらえるように、これからもメンバーと一緒に頑張るね。今までSKE48のことを支えてくれたから、これからは自分の道で活躍する佐江ちゃんを見られるのを楽しみにしています。でも、SKE48が本当にピンチな時は助けに来てください。本当に卒業おめでとうございます」と祝福した。

 メンバーの思いを受け止めた宮澤は「何で泣いてるかというと、本当に私はSKE48に感謝しています。アイドルとしてのやるべきことはもうやったと思うし、悔いは一つもありません」と完全燃焼宣言。「だけど、SKE48のメンバーと離れ離れになることがすごく寂しいです」と涙を見せた。

 2014年2月の大組閣でSKE兼任が発表され、同年4月のコンサートから合流した宮澤は「この2年、楽しかった。楽しいことでいっぱいだったと笑顔で言えます。いっぱい迷惑や心配もかけちゃったけど、こうやって私が終止符を打たせていただけたのもSKE48のファンの皆様のおかげです。本当にありがとうございます」と自身を受け入れてくれたSKEファンに感謝しきりだった。

 自身のファンに向けても「10年?間アイドルを突っ走ってやってきました。本当に私を見つけてくれて、育ててくれて、応援してくれてありがとうございます」とあいさつ。「これから先のこと不安でいっぱいだけど、みんなは私の自慢のファンの皆さんです。いろんなことがこれからあると思うけど、みんなと一緒にこれからも一歩ずつ前に進んでいきたいし、みんなに背中を押してもらいたいなって思っています。私は皆さんを信じてるし、皆さんのことを愛しています。本当に本当にありがとうございました」と締めくくった。

 同日には、AKB48時代の同期でNMB48梅田彩佳が大阪・Zepp Nambaで卒業コンサート、AKB48の小林香菜が東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行った。きょう1日、劇場公演デビューから10周年を迎えた3人は、AKB48劇場で行われる『チームK 2期生10周年記念特別公演』ですべての活動を終了する。



関連写真

  • SKE48ファンに感謝の思いを伝えた宮澤佐江(C)AKS
  • 卒業セレモニーではこらえきれずに涙(C)AKS
  • ラスト曲「彼女がいる」を涙ながらに客席横から見守る宮澤佐江(C)AKS
  • アンコール「放課後レース〜消せない炎〜DIRTY〜素敵な罪悪感」メドレー(C)AKS
  • アンコール「放課後レース〜消せない炎〜DIRTY〜素敵な罪悪感」メドレー(C)AKS
  • アンコール「放課後レース〜消せない炎〜DIRTY〜素敵な罪悪感」メドレー(C)AKS
  • アンコール宮澤佐江卒業ソング「旅の途中」(C)AKS
  • アンコール宮澤佐江卒業ソング「旅の途中」(C)AKS
  • アンコール宮澤佐江卒業ソング「旅の途中」(C)AKS
  • アンコール宮澤佐江卒業ソング「旅の途中」(C)AKS
  • ラスト曲「彼女がいる」を客席横から見守る宮澤佐江(C)AKS
  • M1「恋を語る詩人になれなくて」(C)AKS
  • M1「恋を語る詩人になれなくて」(C)AKS
  • M2「合格Kiss」(C)AKS
  • M4「制服の芽」(C)AKS
  • M8「枯葉のステーション」(C)AKS
  • M8「枯葉のステーション」(C)AKS

オリコントピックス