• ホーム
  • 芸能
  • 古舘氏『報ステ』最後は8分語り締め 「皆さまの支えあったからこそ」と感謝

古舘氏『報ステ』最後は8分語り締め 「皆さまの支えあったからこそ」と感謝

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎氏(61)が、3月31日の放送をもって2004年4月の番組開始以来、12年にわたってメインキャスターを務めるテレビ朝日系『報道ステーション』(月〜金 後9:54)への出演を終えた。番組終盤には、これまでを振り返りつつ、約8分間語りつくした。

 2004年4月5日に番組に参加した古舘氏は「古巣である、学び舎であるこのテレビ朝日に貢献できればと強くあって、そのタイミングをもって、(番組を)受けさせていただきました」と回顧。「おかげさまで風邪など、一つひくこともなく無遅刻、無欠勤で12年にやらせていただきました。これもひとえに、テレビの前で今、ご覧になっている皆さまの支えあったからこそ。本当に痛感しております。ありがとうございます」と感謝した。

 また、番組降板したことについては、報道番組ならではの言い回しや表現が「窮屈になってきました」と明かした上で「自分なりのしゃべりや言葉で皆さんを楽しませたいというわがままな思いが強くなった」と告白。続けて「巷でですね、何らかの圧力がかかってやめされられるということでは一切ございません。それが真相です」ときっぱり否定した。

 4月11日からは後任の富川悠太アナウンサー(39)が務めるが、12年間フィールドリポーターとして、事件、事故、災害、政治、など国内外のあらゆる現場を取材してきた富川アナを紹介し「彼はすごいと思います。1回きりとも仕事の愚痴を聞いたことがありません。驚きます。精神年齢は私よりもずっと高いと思います」と絶賛。「どうか皆さん3ヶ月や半年で良いのか悪いのか判断するのではなく、長い目で彼を中心とした報道ステーションを見守っいただきたいと思います」と呼びかけた。

 そして、最後は立ち上がり「死んでまた再生します。ありがとうございました」と深々と頭を下げ12年を締めくくった。



オリコントピックス