• ホーム
  • 映画
  • 2大ヒーローが戦う理由とは? 『バットマン vs スーパーマン』特別映像2本が公開

2大ヒーローが戦う理由とは? 『バットマン vs スーパーマン』特別映像2本が公開

 2大ヒーローによる対決を描く映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のヒットを記念した特別映像2本が1日、解禁された。ベン・アフレック(バットマン/ブルース・ウェイン)とヘンリー・カヴィル(スーパーマン/クラーク・ケント)が、それぞれのヒーローが抱える心理的な葛藤と、彼らが衝突する理由を語っている。

 到着した映像は「バットマン編」と「スーパーマン編」の2種類。「バットマン編」では、アフレックが、今までのバットマンのキャラクターよりも世界に幻滅していると話し、本編映像でも手段を選ばず犯罪者を取り締まる闇のヒーローというキャラクターがより強く描かれている。

 「スーパーマン編」では超人的な力を人々のために使用しているにも関わらず、脅威として恐れられていく心理的な葛藤を解き明かし、ザック・スナイダー監督は「常に善の側ではいられない」とコメント。本編映像から、圧倒的な力を持つスーパーマンが恐れられ、孤立していく様が想起させられるが、カヴィルは「それでも善を行おうとする」と同時に「人との絆を深めようとする」スーパーマンの一途な姿を伝えている。

 両方の映像を併せて見ると、浮かび上がるのは2人のヒーローが衝突する理由。彼らは守るべき者があり、自身の掲げる正義を持っているが、そのアプローチが正反対であり、ヒーローの持つ正義への強い思いと葛藤があるからこそ衝突せざるを得なかったのだ。正義同士であったはずの2大ヒーローは、お互いの守るべきもののために壮絶な戦いを繰り広げる。

■「バットマン編」
https://www.youtube.com/watch?v=8TaMf2nQs-4

■「スーパーマン編」
https://www.youtube.com/watch?v=zaisLfXJNvk



タグ

オリコントピックス