• ホーム
  • 芸能
  • 落語家の江戸家猫八さん胃がんで死去 66歳

落語家の江戸家猫八さん胃がんで死去 66歳

 動物の声帯模写で知られる落語家の四代目江戸家猫八(本名:岡田八郎)さんが、今月21日午後6時22分、進行胃がんのため亡くなった。66歳。落語協会の公式サイトで発表された。

 通夜・告別式は近親者のみで執り行われた。後日、お別れ会が行われる予定。

 猫八さんは1949年11月30日生まれ。東京出身。68年に父である三代目江戸家猫八に入門。当時の名前は初代江戸家小猫。72年に落語協会に入会し、寄席に出演を始める。2009年に四代目猫八を襲名。

 75年にフジサンケイグループ放送演芸ホープ賞、90年にベスト・ファーザー賞、04年に文化庁芸術祭優秀賞などを受賞している。



オリコントピックス