• ホーム
  • 芸能
  • ディーン・フジオカ、大ブレイクも謙虚「興味を持っていただけるのはうれしい」

ディーン・フジオカ、大ブレイクも謙虚「興味を持っていただけるのはうれしい」

 俳優のディーン・フジオカが3月31日、都内で行われた『ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展』記者発表会に出席。NHK連続テレビ小説『あさが来た』の“五代様”で大ブレイクしたディーンは、「こうして興味を持っていただけるのはうれしい。(俳優人生が)変わっているという興味でなく、ポジティブな興味を持っていただけるのはうれしい」と謙虚な姿勢を見せた。

【写真】その他の写真を見る


 オフィシャルサポーターを務めるディーンは、「選ばれてビックリした。ラビットっぽかったからかな」と茶目っ気たっぷり。写真撮影時に登場したピーターラビットの着ぐるみの耳をつかみ、「捕まえた」とじゃれ合うなど、この日もさわやかスマイルで会場を魅了した。

 イベントでは「子供のころに好きだったキャラクターは?」と問われると、”オフィシャルサポーター”にもかかわらず「スヌーピー」と即答。会場から笑いが起きると「あれ、ここ笑うところかな」と天然な一面も見せていた。

 同展は、世界的な児童書「ピーターラビット」シリーズ作者のビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念した日本初の大規模原画展。絵本原画約150点と、ビアトリクスが愛用した品々が展示される。東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで8月9日から10月11日まで開催される。




関連写真

  • 大ブレイクも謙虚な姿勢を見せたディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.
  • ピーターラビットとじゃれ合うディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.
  • 『ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展』記者発表会に出席ディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.
  • 『ビアトリクス・ポター生誕150周年 ピーターラビット展』記者発表会に出席ディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス