• ホーム
  • 芸能
  • AKB石田晴香が卒業を発表「声優という夢に向かって」

AKB石田晴香が卒業を発表「声優という夢に向かって」

 人気アイドルグループ・AKB48石田晴香(22)が30日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われたチームK公演でグループからの卒業を発表した。卒業時期は未定。

 公演終了後、石田は自身のツイッターでも「わたくし石田晴香はAKB48を卒業します。"声優"という夢に向かって前進することを決めました」と改めて報告。「好きでいてくれてありがとう。AKBのはるきゃんで居られなくてごめんね…。正直、不安でいっぱい。。」と胸中を吐露し、「これからも支えてくれますか…?」とファンに投げかけている。

 石田は今月27日に締め切られた『第8回AKB48選抜総選挙』(6月18日開票、HARD OFF ECOスタジアム新潟)の立候補を辞退。きょうの公演前に更新したブログで「総選挙には出ないけど、前向きに色んなことを頑張っていく!!!だから、投票以外の形で応援してくれると嬉しいです」とファンに呼びかけていた。

 2007年10月にオーディションに合格し、指原莉乃(現HKT48)、北原里英(現NGT48)らとともに5期生として加入。10年の『第1回じゃんけん大会』で準優勝し、19thシングル「チャンスの順番」(2010年)で初の選抜入りを果たした。

 声優を目指している石田は、12年にAKB48グループ200人が参加した声優オーディションを勝ち抜き、テレビアニメ『AKB0048』の“声優選抜”9人に選出。主題歌を歌うユニット「NO NAME」としてもデビューした。総選挙は第1回から圏外→27位→圏外→50位→46位→57位→71位。



オリコントピックス