• ホーム
  • 音楽
  • ベトナムの歌姫・タム、目標は日越の架け橋「文化的分野で活躍したい」

ベトナムの歌姫・タム、目標は日越の架け橋「文化的分野で活躍したい」

 ベトナム出身の新人女性歌手・タム(23)が30日、都内で初楽曲「カムオン〜ありがとう〜」公開レコーディングを行った。祖国・ベトナムと大好きな日本をつなぐ“架け橋”として活動していきたいと明かし「これからもっと日本語の歌をベトナムの人に持ち帰って広めたいですし、日本のみなさんにもベトナムのことを知ってもらいたいです」と意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 昨年8月にベトナム・ハノイで行われた『ベトナムと日本の友好歌手オーディション』にて、タムはダイアナ・ロスの名曲「IF WE HOLD ON TOGETHER」を圧倒的な歌唱力で熱唱し、見事グランプリを獲得。その実績が認められ、9月に日本でのCDデビューが予定されている注目の歌姫だ。

 タムはこの日、ベトナムの伝統衣装・アオザイ姿で登場すると、伸びやかな歌声で同曲を披露。サビの中で繰り返し使われる“カムオン”は、日本語で“ありがとう”との意味だといい「男女の恋愛がテーマですが、歌の中にはベトナムの景色や文化などが入っていますので、この歌を聴きながらベトナムのことをイメージしてくれたら」とアピールした。

 デビュー後の活動について聞かれると「歌以外では、映画や飲食(の魅力を伝える)文化的分野で活躍していきたいです」とにっこり。猛勉強中だという日本語で「日本のみなさん、こんにちは。ベトナムから来ました。日本で歌手デビューできてうれしいです。応援よろしくお願いします」と呼びかけていた。



関連写真

  • ベトナム出身の新人女性歌手・タム(C)ORICON NewS inc.
  • 公開レコーディングに臨む“ベトナムの歌姫”タム (C)ORICON NewS inc.
  • ベトナム出身の新人女性歌手・タム=初楽曲「カムオン〜ありがとう〜」公開レコーディング(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス