• ホーム
  • 映画
  • 新たに生まれ変わる『ターザン』 彫刻のような美ボディ披露

新たに生まれ変わる『ターザン』 彫刻のような美ボディ披露

 国内外を問わずエンタメ界は“過去作の活用”ブーム。アクション映画の原点にして最高峰の「ターザン」も、『ハリー・ポッター』シリーズの監督&スタッフによって新たに生まれ変わる。映画『ターザン:REBORN』(7月30日公開)の日本版特報映像(25秒)が解禁され、新ターザンの彫刻のような美ボディがお披露目された。

 物語の舞台は英ロンドン。愛するジェーンと結ばれたターザンは、すべてを手に入れた英国貴族として裕福な暮らしを送っていた。だがある日、政府の命により、貿易使役として、故郷に戻ることに。しかし、それは仕組まれた罠だった。捕らわれてしまったジェーンを救うため、持てるものを捨て、己の野生を解放。ターザンはジャングルへ再び身を投じる。ターザンは妻を救い、故郷を守ることができるのか!? 文明社会と野生の間で揺れるターザンに待ち受ける運命と、今後の展開に想像が膨らむ。

 ターザンを演じるのは、映画『バトルシップ』に出演した、194センチの恵まれた肢体を持つ北欧美男アレクサンダー・スカルスガルド。激しいトレーニングに励んだ彼は、20ポンド(約10キロ)も体重を増やし、2週間でウエストを3インチ(約7.6センチ)絞り、胸囲は4インチ(約10センチ)アップ。まさに彫刻のような美ボディを作り上げ、これまでのイメージを覆す、唯一無二の新たなるターザン像を作り出している。

 この度、解禁された映像からは、幻想的にしてリアルな世界観とともに、過酷なジャングルの中で、ターザンと妻ジェーンを取り巻くさまざまな思惑が交差する様子が感じられる。さらに、最先端の技術による動物たちとのアクション、そしてジャングルを縦横無尽に飛び回るターザン・アトラクションも圧倒的なスケール&スピードで描かれており、作品全体への期待がさらに高まる内容となっている。

 ターザンの妻ジェーンは完璧な美貌ときっぷの良い演技で魅了するマーゴット・ロビー。さらに、悪人を演じると右に出る者はいなオスカー俳優クリストフ・ヴァルツ、狂気と愛嬌の振り幅でひきつけるサミュエル・L・ジャクソンらが出演。監督は、『ハリー・ポッターと死の秘宝Part1、Part2』ほか、「ハリー・ポッター」シリーズのデイヴィッド・イエーツ。

(C)2016 EDGAR RICE BURROUGHS, INC., WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 彫刻のような美ボディ!これまでのイメージを覆す、新たなターザンが誕生。映画『ターザン:REBORN』(7月30日公開)
  • (左から)マーゴット・ロビー、アレクサンダー・スカルスガルド、クリストフ・ヴァルツ(上)、サミュエル・L・ジャクソン(下)
タグ

オリコントピックス