• ホーム
  • 芸能
  • 力不足なのに売れちゃった はんにゃが味わった悲劇

力不足なのに売れちゃった はんにゃが味わった悲劇

 ブームが終わってレギュラー0本、あっけなく居場所を失ってしまったお笑いコンビ・はんにゃ川島章良金田哲)が、テレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』2時間スペシャル(4月4日 後8:58〜11:15)に登場。実力不足に気付かずイタイ目を見ないための授業を行う。

 かつて“ずくだんずんぶんぐんゲーム”のネタでブレークし、当時は「好きなお笑い芸人ランキング」で1位を獲得し、連続ドラマにも出演していたはんにゃ。そのブームも長くは続かず、キー局のレギュラー番組はすべて終了。「マジで笑えないお笑い芸人」で1位に選ばれるなど、目も当てられない状況に転落してしまった。

 はんにゃの2人は、自分たちがしくじった原因を「実力不足だったから」と潔く懺悔(ざんげ)。当時の自分たちのお笑いの実力は大学生レベルだったにもかかわらず、たまたま時代のタイミングとかみ合ったために人気者になってしまったのだと語る。

 授業では、実力が伴わないのに売れてしまったはんにゃが、どのように絶頂に上り詰め、どのように自らブームを終了させてしまったか。さらに、フィーバーが去った後、自分たちに待ち受けていた切なすぎる悲劇。最後は、自分が実力不足なことに気付かないまま、夢や理想を追いかけているすべての人々に向けて、どん底を味わった2人からメッセージを送る。

 このほか、4月4日放送の2時間スペシャルには、松村邦洋が登壇。“自分に甘く東京マラソンで心肺が停止しちゃった先生”として、“自分に甘すぎて死なないための授業”を行う。



関連写真

  • 4月4日放送の『しくじり先生』で授業を行うお笑いコンビ・はんにゃ(C)テレビ朝日
  • はんやの授業風景(C)テレビ朝日

オリコントピックス