• ホーム
  • 音楽
  • たかみな、AKB人生10年「悔いは全くない」

たかみな、AKB人生10年「悔いは全くない」

 AKB48高橋みなみが27日、横浜スタジアムで行われた卒業コンサート終了後、報道陣の取材に応じた。時折涙を見せながらも「10年やり続けてこられて、悔いは全くありません」と晴れやかな笑顔を見せた。

【写真】その他の写真を見る


 それまで軽妙なやり取りをしていたが、「高橋さんにとってAKB48とは?」と聞かれると、「そうですね…難しいなぁ…」と言葉を詰まらせ、涙をぬぐった。「このグループがなかったら私はここにいないですし、なんでAKBに受かったのかは今でもわかりません。でも、10年やり続けてこられて、悔いは全くありません。本当にやってきてよかったなというふうに思っています」と断言した。

 セレモニーのスピーチでは「努力は必ず報われると、この先必ず証明します。それが、私がAKB48にできる恩返しです」と話したが、自身が2011年の総選挙から言い続けている言葉を引用したことについては「一生のテーマだと思います。この言葉を言ったからには背負っていかなきゃいけない。やりきるということのすばらしさをこのグループで学んだので、卒業してからも地道に確実に頑張りたいです」と恩返しを誓った。

 自身の25歳の誕生日にあたる4月8日、ホームのAKB48劇場(東京・秋葉原)で行われる卒業公演をもって活動を終えるが、残りのアイドル生活について聞かれると「ひとまず、きょうが終わったからといって、異性と2人きりで会わない」とニヤリとし、報道陣は爆笑。「すぐ撮られますから。(卒業公演が)気まずいムードとか嫌なので、まずは残った期間、私は家に引きこもります」と笑わせた。

 総合プロデューサーの秋元康氏とは、開演前に行う円陣の直前に会ったといい、「“頑張れよ”のひと言で号泣してしまって、“早い早い”って言われて。終わった後は“すごくよかったよ”と言っていただけた。10年、AKBの楽曲しかり、プロデュースをし続けてくださった労力、本当に大変だと思うんですよ。ここからの秋元さんの人生を楽にさせてあげたい」と切実に語った。

 報道陣から彼氏を作って安心させてみてはと提案されると「秋元さんが元気になるような方と幸せなお話があればいいなと思います」と笑顔をみせ、お相手の条件としては「ギャンブルをしない、ある程度の収入があり、余裕があって優しくて面白くてペットが大丈夫な人」をあげていた。

 最後にファンに向け「おととしの末に(卒業を)発表してから、今日この日を迎えるまでとてもお待たせしてしまって“卒業詐欺”とか言われましたこともありましたけれども、ちゃんと卒業します。残ったメンバーに48グループの未来を託して、これからもみんなの未来が幸せであることを祈っています。ぜひこれからも応援してあげてください。私のこともよろしくお願いします」と締めくくった。



関連写真

  • 卒業コンサート後、AKB48で活動した10年間を振り返った高橋みなみ (撮影:鈴木かずなり)(C)ORICON NewS inc.
  • 卒業コンサート後、AKB48で活動した10年間を振り返った高橋みなみ (撮影:鈴木かずなり)(C)ORICON NewS inc.
  • 卒業コンサート後、AKB48で活動した10年間を振り返った高橋みなみ (撮影:鈴木かずなり)(C)ORICON NewS inc.
  • 卒業コンサート後、AKB48で活動した10年間を振り返った高橋みなみ (撮影:鈴木かずなり)(C)ORICON NewS inc.
  • 卒業コンサート後、AKB48で活動した10年間を振り返った高橋みなみ (撮影:鈴木かずなり)(C)ORICON NewS inc.
  • 卒業コンサート後、AKB48で活動した10年間を振り返った高橋みなみ (撮影:鈴木かずなり)(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス