• ホーム
  • 音楽
  • たかみな、卒業生集結に感涙 AKBへの恩返し誓う

たかみな、卒業生集結に感涙 AKBへの恩返し誓う

 AKB48高橋みなみの卒業コンサート『祝 高橋みなみ卒業 “148.5cmが見た夢” in 横浜スタジアム』が27日、横浜スタジアムで行われた。1曲目で高橋と前田敦子が涙ながらにデュエットするサプライズで幕を開けると、大島優子板野友美篠田麻里子ら卒業生が次々と登場して盛り上げ、31曲すべての楽曲を高橋がセンターとして歌唱した。誰よりも愛したメンバーに囲まれた高橋は「私、高橋みなみは、努力は必ず報われると、卒業したこの先、必ず証明します。それが、私がAKB48にできる恩返しです」と自身の名言を引用し、飛躍を誓った。

【写真】その他の写真を見る


 前代未聞の300人を超す巨大なアイドル集団を束ねた稀代のリーダーは、人一倍リーダーシップは強いが、人一倍涙腺がもろいことでも有名。冒頭、盟友の前田が「たかみな」と呼び、ステージに合流した途端、いきなり涙腺が決壊した。もらい泣きした前田とともに顔をくしゃくしゃにしながら「思い出のほとんど」をデュエットし、ギュッと抱擁を交わすと、観客の感動を誘った。

 出し惜しみすることなく、2曲目の「ヘビーローテーション」から卒業生の大島、板野、篠田が登場。その後もステージ上で着替えをしながらNGT48と「Partyが始まるよ」、AKBチーム8と「会いたかった」、HKT48と「制服が邪魔をする」、NMB48と「背中から抱きしめて」、SKE48と「Only today」、AKB48と「AKB48」「ひこうき雲」を披露。たかみなは「こうして48グループみんなと歌えて、とっても幸せでーす!」と絶叫した。

 ユニット曲のコーナーでは、卒業生の秋元才加、4月1日に48グループを卒業予定の宮澤佐江とともに「愛しさのアクセル」をライトセーバーを振り回して熱演。いまや2人しかいない現役の同期、小嶋陽菜峯岸みなみとは、派生ユニット・ノースリーブスを結成するきっかけとなった「純愛のクレッシェンド」を情感たっぷりに歌い上げた。

 アンコールの卒業スピーチでは、涙をこらえながらファンやメンバー、スタッフに感謝。最後に総合プロデューサーの秋元康氏に向け「こんな最高のグループを作ってくださり、本当にありがとうございます。私は幸せでした」と万感の思いを込めた。

 人望のあるたかみならしく、最後には卒業生18人が集結。前出のOGのほか浦野一美、大江朝美、大島麻衣折井あゆみ川崎希駒谷仁美佐藤由加理、戸島花、成田梨紗平嶋夏海、星野みちる、増山加弥乃、渡邊志穂が見守るなか、「卒業はゴールではなく、スタートです。残るメンバーに48グループの未来を託します。10年、ありがとうございました」と前を向いた。



関連写真

  • OGも出演した『祝 高橋みなみ卒業 “148.5cmが見た夢” in 横浜スタジアム』(C)AKS
  • 『祝 高橋みなみ卒業 “148.5cmが見た夢”』の模様(C)AKS
  • 『祝 高橋みなみ卒業 “148.5cmが見た夢”』の模様(C)AKS
  • 『祝 高橋みなみ卒業 “148.5cmが見た夢”』の模様(C)AKS
  • 『祝 高橋みなみ卒業 “148.5cmが見た夢”』の模様(C)AKS

オリコントピックス