• ホーム
  • 芸能
  • back number、大宮ライブを中止 ボーカル・清水依与吏が体調不良

back number、大宮ライブを中止 ボーカル・清水依与吏が体調不良

 ロックバンド・back numberが27日、埼玉・大宮ソニックシティ大ホールで開催予定だった全国ツアー『back number tour 2016 "ミラーボールとシャンデリア" supported by uP!!!』の公演を中止した。公式サイトで、ボーカル・清水依与吏の喉の不調が理由と発表した。

 公式サイトの告知によると、直前まで調整を試みたが、清水の喉の状態では、公演実施は困難と判断。清水は「何も見せる事が出来ずに帰ってもらう事になってしまって、本当に、悔しいです。本当にごめんなさい」と謝罪した。

 今後の対応については、公式サイトで追って発表する。鑑賞予定だったファンへは、チケットは無くさずに保管するよう呼びかけている。

■以下、清水のコメント。
この度は、大変ご迷惑とご心配をお掛けしてしまい、申し訳ございません。

不調は感じていたものの、自分としては、やれる、と思い、リハーサルも行い、ギリギリまでケアもして、なんとかライブ出来るように試みましたが、最終的にやる事が出来ずに、発表が遅れる事でみなさんに余計に迷惑をかけてしまいました。

大宮公演を楽しみにしてくれて、駆け付けてくれて、寒い中待ってくれていた人達に、何も見せる事が出来ずに帰ってもらう事になってしまって、本当に、悔しいです。本当にごめんなさい。

今日見られなかった人達に、また会いに来てもらえるように、もっともっと良い曲を作ってもっともっと良いバンドになる事を約束します。今日は本当にごめんなさい。



オリコントピックス