• ホーム
  • 音楽
  • 指原莉乃、総選挙に立候補 史上初の”V2”へ決断

指原莉乃、総選挙に立候補 史上初の”V2”へ決断

 アイドルグループ・HKT48指原莉乃が、新潟で初開催される『第8回AKB48選抜総選挙』(6月18日開票、HARD OFF ECOスタジアム新潟)に立候補したことが27日、わかった。総選挙公式サイトで発表された。

 総選挙の立候補は23日から受け付けていたが、指原は22日のイベントで出馬の有無を問われると「それがまだ迷ってて、決めてないし、立候補用紙も出してない」と心境を告白。

 続けて「本当に考えられない。写真集のことで頭がいっぱい。出るか出ないかは、もうちょっとゆっくりしたら考えようかな」と心境を吐露。前田敦子、大島優子も成し得なかった史上初の“V2”に期待がかかるが「それはできたらうれしいけど、そればかりは自分が頑張ってどうにかなることではない。近づいてくると胸を張って(1位を獲りますと)発言できない」と慎重に語っていた。

 なお、指原はORICON STYLEのインタビューで、今年の総選挙での2連覇について「なれるならなりたいです!」と回答。若手に譲ろうという思いについても「総選挙に関しては、全然ないです。私はまだAKB48グループにいる気は満々ですし、出るからには絶対に1位を狙いたいです!」と力強く断言していた。

 『第8回AKB48選抜総選挙』は、6月18日、新潟・HARD OFF ECOスタジアム新潟で開催。立候補の資格を有するのはAKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48在籍メンバーおよび海外に専任移籍した元AKB48メンバー(仲川遥香、近野莉菜)。立候補受付はきょう27日午後10時まで。



オリコントピックス