• ホーム
  • 音楽
  • まゆゆぼう然…ハマの大魔神、始球式“大暴投”でやり直し

まゆゆぼう然…ハマの大魔神、始球式“大暴投”でやり直し

 人気アイドルグループ・AKB48が27日、横浜スタジアムで『第1回AKB48グループ東西対抗歌合戦』をスタートさせた。始球式はかつて“ハマの大魔神”として浜っ子を沸かせ、2005年10月に引退した元横浜ベイスターズ投手の佐々木主浩氏がスーツ姿で務め、バッターの渡辺麻友と“対決”したが、まゆゆの頭上を遥かに超える大暴投でやり直しするハプニングがあった。

【写真】その他の写真を見る


 ピッチャーは大魔神、バッターはまゆゆ、キャッチャーは司会の山崎弘也(アンタッチャブル)、審判は児嶋一哉アンジャッシュ)。ユニフォーム姿のまゆゆは「人生初の野球なので頑張りたい」と意気込んだものの、いきなりバッターボックスの外に立ち、バットをブンブン振り回す天然ぶり。ただでさえ大魔神のボールを受けることにおののいていたザキヤマは「ずいぶん振ってるけど、俺が捕ったくらいで振ればいいからね」と怖がった。

 イベントで投げるのは「globe以来」という大魔神は、まゆゆの頭上を遥かに超える大暴投となり、まゆゆはぼう然。ブーイングのあとすぐさま「もう一回」コールが沸き起こり、やり直ししたものの、2球目はインコース高めの投球となり、まゆゆはバッターボックスの外へ逃げながら空振りした。

 山崎から「一球目、大暴投じゃないですか」と突っ込まれた佐々木氏は「危ないから背より高いところに投げようと思ったら…」と恐縮。さらにザキヤマは「2球目はリアルに危なかったじゃないですか」とたたみかけ、まゆゆに対しては「バッターボックスに立つことだけは覚えて帰ってね」といじっていた。

 同イベントは東軍(AKB48&SKE48)、西軍(NMB48HKT48)に分かれ、パフォーマンス対決。東軍キャプテンの横山由依(AKB48)は「こういう形で対決することやAKBとSKEがタッグを組むことはなかったので、西軍には負けないぞという気持ちで戦いたい」と抱負。西軍キャプテンの山本彩(NMB48)は「NMB48、HKT48は姉妹グループでも後輩ですし、横浜はアウェイかなと思いますけど、ぶちかましたい」と意気込んだ。



関連写真

  • 『第1回AKB48グループ東西対抗歌合戦』始球式。大暴投した佐々木主浩氏 、バッターは渡辺麻友、キャッチャーは山崎弘也、審判は児嶋一哉(C)AKS
  • 『第1回AKB48グループ東西対抗歌合戦』始球式。大暴投した佐々木主浩氏 、バッターは渡辺麻友、キャッチャーは山崎弘也、審判は児嶋一哉(C)AKS
  • 『第1回AKB48グループ東西対抗歌合戦』始球式。大暴投した佐々木主浩氏 、バッターは渡辺麻友、キャッチャーは山崎弘也(C)AKS
  • 『第1回AKB48グループ東西対抗歌合戦』始球式。大暴投した佐々木主浩氏 、バッターは渡辺麻友、キャッチャーは山崎弘也、審判は児嶋一哉(C)AKS

オリコントピックス