• ホーム
  • 芸能
  • レギュラー番組急増中のバナナマン「たぶん今がピーク」

レギュラー番組急増中のバナナマン「たぶん今がピーク」

 お笑いコンビ・バナナマン設楽統日村勇紀)が25日、東京・渋谷のNHKで4月16日スタートの新レギュラー番組『バナナ♪ゼロミュージック』(毎週土曜 後10:20)の初回収録後の取材に応じた。

【写真】その他の写真を見る


 4月から設楽の単独2本、日村の単独1本、両方そろって1本、合わせて4つの新番組が始まり、全曜日のゴールデン・プライム帯にバナナマンのどちらか一人か、二人そろって出演している状態に。

 「たぶん今がピークだと思う」と設楽。「肉体的に疲れとかは出てくると思うけど、やっている時は楽しいし。昔、仕事がなかった時があるから、1週間、2週間と何もなかった時の危機感からくる貧乏症というか。休みがあったらヤバイよっていう感覚もあるし、ずっと詰め込まれると休みたいってなると思うけど、いまは楽しいからすごくいい」と飄々と語った。

 この日は、午後7時から収録が始まり、9時過ぎに終わった後、取材に応じているうちに10時になり、その後、TBSラジオに移動して深夜1時から3時までレギュラー番組の生放送が控えていた。

 「疲れていてもしゃべり出してノッって来るとやっぱり楽しい」と仕事自体を楽しめている現状に「仕事があるだけありがたい。流されるままに流れている感じです。頑張ります」と言葉に力を込めた。

 昨年、2回の特番を経て4月からレギュラー化が決まった『バナナ♪ゼロミュージック』は「特番の時からそうだったけど、楽しくって仕方ない。音楽を使って、クイズをしたり、歌ったり、ずっとやっていたいと思えるくらい楽しかった」と設楽。日村も「本当に楽しい。音楽と笑いの融合って感じ」と満足げに話していた。



関連写真

  • 「たぶん今がピーク」と語ったバナナマン(左から)設楽統、日村勇紀 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)久保田祐佳アナウンサー、設楽統、日村勇紀 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK『バナナ♪ゼロミュージック』の初回収録後の取材に応じた(左から)久保田祐佳アナウンサー、設楽統、日村勇紀 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス