• ホーム
  • 音楽
  • 元EXO・ルハン、撮影裏の笑顔の理由とは?主演作『見えない目撃者』メイキング映像

元EXO・ルハン、撮影裏の笑顔の理由とは?主演作『見えない目撃者』メイキング映像

 アジア全土で絶大な人気を誇るK-POPグループ・EXOの元メンバー・ルハンが主演する『見えない目撃者』(4月1日公開)撮影現場のメイキング映像が28日、解禁された。シリアスなサスペンスながら、笑いもこぼれる和やかな撮影現場の様子とルハンの瑞々しい演技、真剣な眼差しで自身の演技をモニターでチェックする俳優としての表情など、撮影裏のルハンが存分に映し出されている。

 同作は、偶然目撃したひき逃げ事件が女子大生連続失踪事件に関連していることから、犯人に命を狙われることになるふたりの目撃者を描くクライムサスペンス。ルハンと中国ドラマ界トップスターのヤン・ミーがW主演で主人公を演じる。

 この日、初公開されたメイキング映像では、ルハン演じる若者リン・チョンが公園で視覚を失った元警察官候補生のルー・シャオシン(ヤン・ミー)を前にウクレレを弾く姿と、そのシーンのカットのあとに思わずふたりで笑ってしまう様子や、撮影前にふたりでアン・サンフン監督から演出を受けながらもルハンからは笑顔がこぼれる様子など、和やかな撮影現場の雰囲気が伝わってくる。そのほかにもカメラがレールでルハンを追うアクションシーンの撮影風景、モニターで自身の演技をチェックするルハンの真剣な眼差しなど、撮影の裏側がもりだくさん映し出されている。

 ルハンは、ヤン・ミーとの初共演に「専門用語などを知らなかった僕に、撮影現場のことをいろいろ教えてくれました。演技についてもアドバイスをくださって、とてもありがたかった」。一方、ヤン・ミーは「ルハンは演技の経験が少ないけど、反応がリアルで毎回演じ方が違う。私たちからすると、とても新鮮で貴重なものでした」と語る。

 ふたりは実年齢でも4歳ほど差があり、劇中でも姉弟のような関係の役だが、ルハンは「(ヤン・ミーに)親しみを感じた。彼女は子どももいる母親だけど、同年代みたいで歳の差をまったく感じない。休憩時間にはよくゲームの話をしていたよ(笑)」とコメント。メイキング映像には、ときににこやかに、ときに真剣に演技について相談しあうふたりの姿が収められている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス