• ホーム
  • 音楽
  • 嵐、5・18新曲で4年ぶり“サクラップ” 松潤主演・日曜劇場主題歌

嵐、5・18新曲で4年ぶり“サクラップ” 松潤主演・日曜劇場主題歌

 人気グループ・の新曲「Daylight」が、メンバーの松本潤が主演するTBS系ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(毎週日曜 後9:00 4月17日スタート)の主題歌に決定した。松本たっての希望で櫻井翔がラップを担当。嵐のシングル表題曲としては「Face Down」(2012年5月発売)以来4年ぶりに、“サクラップ”が復活した。

 本作は、日曜劇場枠初主演の松本が型破りな弁護士に初挑戦。個性的な刑事専門弁護士たちがぶつかりあいながらも、逆転不可能と思われる刑事事件に挑む。タイトルの数字は、日本の刑事事件における裁判有罪率(起訴された際、裁判で有罪になる確率)99.9%に由来する。

 主題歌に決定した「Daylight」は、ドラマの世界観にもリンクした嵐ならではのメッセージソング。さらに、松本から依頼され、櫻井が作詞を手がけたラップで楽曲をさらに力強いものにしている。

 同曲は嵐のニューシングル「I seek/Daylight」(5月18日発売)に収録。大野智が主演するドラマ『『世界一難しい恋』(毎週水曜 後10:00 日本テレビ系)主題歌の「I seek」との両A面シングルとなる。通常盤には、4月23日からスタートする8年ぶりのアリーナツアー(全国6ヶ所全17公演予定)のテーマソングとなる新曲も収録される。



オリコントピックス