• ホーム
  • 芸能
  • 原田泰造、石田ゆり子に恋心抱く刑事を熱演「半分ドキュメンタリーです」

原田泰造、石田ゆり子に恋心抱く刑事を熱演「半分ドキュメンタリーです」

 お笑いトリオ・ネプチューンのメンバーで、俳優としても活躍する原田泰造が25日、東京・渋谷のNHKで出演する連続ドラマ『コントレール 〜罪と恋〜』(4月15日スタート、毎週金曜 後10:00、連続8回)の試写会に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同局で大ヒットしたドラマ『セカンドバージン』の脚本家・大石静氏がオリジナルで書き下ろす大人ためのラブストーリー。女優の石田ゆり子が初めて大石作品に参加し、無差別殺人事件で夫を失った主人公・青木文役で主演し、ある偶然から出会い恋に落ちる相手・長部瞭司役に井浦新。原田は無差別殺人事件を担当した刑事・佐々岡滋役で、ひそかに文に恋心を抱いている役どころだ。

 原田は「石田さん演じる青木文のことが大好きな刑事の役なんですが、石田さんのことがもともと好きで、役作りがいらなかった。そのままでやっている感じです。半分ドキュメンタリーだと思って観てください」と謙虚にアピール。

 大石氏は「なんでお笑いやっているのかわからないくらいの名優」と原田を絶讃。井浦にも「原田泰造さんの人間味あふれるお芝居が大好きなので共演できて光栄」と言われ、原田も「井浦くんは恋敵ですけど、すごく癒し系な人で。UFOを信じている少年がそのまま大きくなったような。現場がすごく楽しいです」と返し、男同士で褒め合いっこして会見を沸かせた。

 さらに本作の現場の男性スタッフは総じて原田演じる佐々岡の“味方”なのだとか。原田は「惨めなシーンもけっこうあるんですけど、それが男っぽいんですよね。なんかかっこいい、不思議なドラマだなって思っていた」と他人事のように言うが、大石氏が明かすところによれば「佐々岡のシーンはああしたらいい、こうしたらいいと、アイデアを出して、皆で原田さんが生きるようにと思ってやっているんです」。

 連続テレビ小説『ごちそうさん』ではヒロインの父親役を演じ、ドラマや映画に出演することも珍しくない原田だが、「第1回を家のDVDで観たのですが、観終わった後、ドキドキしました。大石さんありがとう、勝田さん(制作統括の勝田夏子氏)ありがとう、皆ありがとうって思いながらその日は寝て、すぐ朝になりました。いままでの中でせりふの練習、たぶんこのドラマが一番多くしているんじゃないかな。練習も楽しい、せりふもらえてうれしい」と特別な思いを語っていた。

 これまで火曜午後10時に放送されていた連続ドラマ枠「ドラマ10」は、新年度第1弾の本作から金曜午後10時に放送枠が移設となる。



関連写真

  • (左から)原田泰造、大石静氏、石田ゆり子、井浦新 (C)ORICON NewS inc.
  • 原田泰造 (C)ORICON NewS inc.
  • 石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『コントレール 罪と恋』試写会に出席した(左から)原田泰造、大石静氏、石田ゆり子、井浦新 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『コントレール 罪と恋』試写会に出席した井浦新 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『コントレール 罪と恋』試写会に出席した大石静氏 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『コントレール 罪と恋』試写会に出席した石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『コントレール 罪と恋』試写会に出席した井浦新 (C)ORICON NewS inc.
  • NHKドラマ『コントレール 罪と恋』試写会に出席した(左から)原田泰造、大石静氏、石田ゆり子、井浦新 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス