• ホーム
  • おでかけ
  • 高杉真宙、『ヒルナンデス!』で初の旅ロケ 「食レポが難しかった」

高杉真宙、『ヒルナンデス!』で初の旅ロケ 「食レポが難しかった」

 若手俳優の高杉真宙が、昼の情報番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)25日放送の「沿線フォトさんぽ」コーナーに出演。シーンカットが公開された。旅をテーマにした番組への初出演となった高杉は「お芝居ではない素の状態で旅するのは初めての経験で、旅すること自体が新鮮で楽しかったです。きっと、僕自身がすごく楽しかったのが番組にも出てるんじゃないかなと思います」とコメントしている。

 「沿線フォトさんぽ」は、まだ写真が貼られていない『ヒルナンデス!』特製の思い出アルバムに書かれたキーワードをたよりに地元の人などに聞き込みをし、その場所を探し出して記念撮影するという企画。たどり着いた場所で記念撮影できればアルバムが完成する人気コーナーになっている。

 同回で高杉は、陣内智則、たんぽぽ・川村エミコ、鉄道写真家・中井精也とともに、三島から修善寺間を走る伊豆箱根鉄道に乗って旅をした。初めてづくしのロケを終えた高杉は「食べ物を食べたときに感想を言うのが難しかったですね。ふだん、美味しいものは美味しい! としか言わないので。どう美味しいのかを伝えるのは、難しいんだなと思いました。これからそういう事ももっと勉強したいです」と楽しげに振り返っている。



オリコントピックス