• ホーム
  • 映画
  • レオ様、鏡開き体験「ちょっと怖かった」 ジャパンプレミアに1000人が熱狂

レオ様、鏡開き体験「ちょっと怖かった」 ジャパンプレミアに1000人が熱狂

 米俳優のレオナルド・ディカプリオが23日、都内で主演映画『レヴェナント:蘇えりし者』(4月22日公開)のジャパンプレミア レッドカーペットセレモニーに出席。約1000人のファンから大歓声で迎えられ、『第88回アカデミー賞』主演男優賞受賞を改めて祝福されると「アリガトウ」と日本語で感謝を伝えた。

【写真】その他の写真を見る


 ディカプリオは「長年応援してくれてありがとうございます」と笑顔で手を振り、日本が最後のプロモーションとなった同作について「本当に特別な作品になった」とアピール。

 映画のヒット祈願と受賞を祝うため鏡開きを行ったが、ディカプリオは控えめに木槌を振り「あまり強く打ったら割れて(中身が)飛び出すのがちょっと怖かった」と話していた。

 同作では、昨年の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』に続きアカデミー賞監督賞を受賞したアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督とタッグを組み、ディカプリオはハンティング中に瀕死の重傷を負ったうえに、目の前で息子を殺され復讐心を胸に宿す主人公を熱演している。



関連写真

  • 主演映画『レヴェナント:蘇えりし者』(4月22日公開)のジャパンプレミア レッドカーペットセレモニーのため来日したレオナルド・ディカプリオ (C)ORICON NewS inc.
  • 鏡開きを体験 (C)ORICON NewS inc.
  • 主演映画『レヴェナント:蘇えりし者』(4月22日公開)のジャパンプレミア レッドカーペットセレモニーのため来日したレオナルド・ディカプリオ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス