• ホーム
  • 芸能
  • 読テレ入社2年目・平松翔馬アナ、『ケンミンSHOW』抜てきでド緊張「手足がしびれた感覚」

読テレ入社2年目・平松翔馬アナ、『ケンミンSHOW』抜てきでド緊張「手足がしびれた感覚」

 読売テレビ入社2年目となる平松翔馬(23)アナウンサーが4月7日より同局・日本テレビ系バラエティー番組『秘密のケンミンSHOW』(毎週木曜 後9:00)に新加入することとなり、このほど初収録に臨んだ。カミングアウトした“ケンミンの秘密”の補足データを伝える役目を担う平松アナ。収録を終え、「(出演を)1ヶ月ほど前に部長から言われ、今日までずっとそのことで頭がいっぱいに。昨日も眠れませんでした。今も信じられない気持ちです!」と興奮気味に振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 収録では司会の久本雅美みのもんたからスタジオゲストに紹介されたが、平松アナはガチガチの緊張状態で、久本から「つらいこともあるだろうけど、何かあったら私の胸で泣いていいから」と声をかけられる一幕も。「久本さんから温かい言葉をいただき、河本(準一)さんの素早いレスポンスには自分の神経がついていかず…。ずっと手足がしびれた感覚でした。でも、むちゃくちゃ楽しかったです!」と充実の表情を浮かべた。

 現在のレギュラーは深夜枠の『CunE!(キューン!)』(関西ローカル)と同番組の2本となる期待の新人だが、「これからは誰が見ても、しっかりとしたアナウンサーだねと言われるようにならないと」と気を引き締める。大阪出身の野球少年で阪神ファンでもあるが「阪神に特化せずに、野球自体が好きですから、ピッチャーの配球や戦術も伝えられるアナウンサーになれたらいいなと思っています。いつか甲子園で阪神の試合を実況したい」と目を輝かせた。

 また目標とするアナウンサーを聞かれると「(日本テレビの)桝太一さんと上重聡さんを足して2で割ったアナウンサー」と回答。「お二人とも基礎がしっかりしていて、何でもできるアナウンサー。すごく尊敬しています。今は足元にも及びませんが、僕も基礎をしっかりさせた上で、“硬・軟”なんでもできるアナウンサーになりたいです!」と意気込みを明かしている。



関連写真

  • 4月7日より読売テレビ・日本テレビ系バラエティ番組『秘密のケンミンSHOW] (毎週木曜 後9:00)に新加入する平松翔馬アナウンサー (C)読売テレビ
  • 4月7日より読売テレビ・日本テレビ系バラエティ番組『秘密のケンミンSHOW] (毎週木曜 後9:00)に新加入する平松翔馬アナウンサー (C)読売テレビ

オリコントピックス