• ホーム
  • 音楽
  • セーラームーンCrystal、新OPはももクロ、堀江美都子ら3パターン

セーラームーンCrystal、新OPはももクロ、堀江美都子ら3パターン

 4月からスタートするアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期「デス・バスターズ編」主題歌の詳細が発表。すでに明かされていたやくしまるえつこプロデュースのオープニング曲「ニュームーンに恋して」をやくしまる、堀江美都子、ももいろクローバーZが歌唱を担当する。同曲はやくしまるが全バージョンのトータルプロデュース・アレンジを行い、3バージョンそれぞれの世界を楽しむことができる。

【写真】その他の写真を見る


 一方、エンディング曲も3作品となり、セーラーウラヌス(CV:皆川純子)×セーラーネプチューン(CV:大原さやか)のほか、ちびうさ(CV:福圓美里)が歌う「乙女のススメ」。タキシード仮面(CV:野島健児)が歌う「永遠だけが二人を架ける」のキャラクターソングとなっている。オープニング・エンディングともに3部作連続CDシングルとして発売される。

 また堀江、ももクロ、野島は4月10日に東京体育館にて開催予定のPretty Guardians2016-2017『美少女戦士セーラームーン』20周年記念オフィシャルファンクラブ発足記念イベントへの出演が決定。「ニュームーンに恋して」のフルコーラスアニメ映像初公開や堀江や野島が歌う主題歌披露も予定されている。

 原作は1992年から97年に月刊誌『なかよし』(講談社)で連載された、武内直子氏原作の大人気少女漫画。同時期にテレビ朝日系でアニメ化され、一世を風靡した。『Crystal』シリーズは、2012年にスタートした20周年プロジェクトの一環として制作されたアニメで、原作を改めてゼロからアニメ化。14年7月からニコニコ動画で世界同時配信され、15年4月からTOKYO MXでも放送された。

 第3期は、ファンから人気も高い「デス・バスターズ編」を描く。脚本・シリーズ構成は小林雄次氏が引き続き担当するが、キャラクターデザインは3期よりアニメ『プリキュア』シリーズの高橋晃氏、監督は『のだめカンタービレ』などの今千秋氏が新たに務める。

 第3期「デス・バスターズ編」はTOKYO MXを皮切りに、テレビ北海道、テレビ愛知、サンテレビ、九州放送、BS11にて放送を開始する。



関連写真

  •  4月からスタートするアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期「デス・バスターズ編」主題歌3パターンのうち、ひとつをももいろクローバーZが担当
  • 4月からスタートするアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期「デス・バスターズ編」キービジュアル(C)武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション
  • 4月からスタートするアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期「デス・バスターズ編」主題歌3パターンのうち、ひとつを野島健児が担当
  • 4月からスタートするアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期「デス・バスターズ編」主題歌3パターンのうち、堀江美都子
  • 4月からスタートするアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期「デス・バスターズ編」主題歌「ニュームーンに恋して」のプロデュースを担当するやくしまるえつこ

オリコントピックス