ファンキー加藤、TBS系プロ野球中継の新テーマ曲

 歌手のファンキー加藤の新曲「勇者のうた」が、TBS系プロ野球中継『SAMURAI BASEBALL』の新テーマ曲に決定した。

 2014年の日本シリーズでは、楽天・田中将大投手(現ヤンキース)の日本ラスト登板時にファンが「あとひとつ」(FUNKY MONKEY BABYS)を大合唱するなど、プロ野球界に縁の深い加藤。自身もたびたびスタジアムに足を運ぶほど、大のプロ野球ファンということもあり、今回のオファーを快諾した。

 楽曲は、聴く者に対して心を正面からぶつけるかのように歌う加藤らしい、聴くだけで勇気が湧き出てくるナンバー。情熱的なメロディーに乗せて、「戦えよ勇者この現実(せかい)の先に新しい何かが待っている」「誰かが決めた限界なんて この手で打ち破れ」といった力強い歌詞が胸を打つ。

 加藤は「たくさんの前向きな言葉たちを詰め込んだ楽曲ができました。『あとひとつ』のように多くの人に愛される楽曲になって欲しいと願っています」とコメントを寄せている。



関連写真

  • TBS系プロ野球中継『SAMURAI BASEBALL』の新テーマ曲がファンキー加藤の「勇者のうた」に決定(C)TBS
  • 歌でプロ野球を盛り上げる(C)TBS

オリコントピックス