• ホーム
  • 音楽
  • スカパラ、Ken Yokoyamaとコラボ 綾野剛主演映画の主題歌に

スカパラ、Ken Yokoyamaとコラボ 綾野剛主演映画の主題歌に

 9人組バンド・東京スカパラダイスオーケストラHi-STANDARDやソロでも活躍するギタリスト、Ken Yokoyamaがタッグを組んだ楽曲「道なき道、反骨の。」(6月22日発売)が、俳優・綾野剛主演の映画『日本で一番悪い奴ら』(6月25日公開)の主題歌に決定した。作詞を谷中敦、作曲を川上つよしが務める。Ken Yokoyamaが日本語歌詞で歌った楽曲リリースは、オリジナル作品としては今回が初、映画主題歌を担当するのも初めてとなる。

 同映画は、やらせ捜査が発覚し“日本警察史上の最大の不祥事”といわれる実際の事件を題材に、北海道警察・刑事の壮絶な26年間を描いた物語。綾野演じる北海道警の刑事・諸星は、捜査協力者で“S”と呼ばれる裏社会のスパイとともに悪事に手を染めていく。

 『凶悪』の白石和彌氏が監督を務め、諸星に協力する“S”として、中村獅童YOUNG DAIS、お笑い芸人デニス植野行雄が出演。さらに、諸星の先輩刑事をピエール瀧が演じる。

 谷中がKen Yokoyamaのアルバム『SENTIMENTAL TRASH』に参加したことをきっかけにコラボをしたいと話すようになり、東京スカパラダイスオーケストラfeat. Ken Yokoyamaとしての楽曲リリースが実現。楽曲で歌われる反骨のヒーローは、綾野が演じる主人公・諸星を想起させる。

 谷中は「僕らの時代には反骨のヒーローが輝いて見えました。彼らの生き様には社会人として不適切な行動があったとしても、世俗的な時流や不当な権力に対して抗う姿に、閃きや気づき、世の中を新しくしていこうという生命力の輝きを感じたのです」と楽曲に込めた思いを明かし、「今は反骨精神の時代ではないのかも知れませんが、今回は、あえて、スカパラと横山健でそれを謳おうと思ったのです。夢を持って時流に反骨し、挫折しながら世の中を学び、仲間の大切さを知る。これは人生に於いてとても大切なプロセスだと思うのです」とコメント。

 主演の綾野は「諸星要一として、一言。最後の最期で、正しい道を示して頂けました。感謝の極みです」と喜びを表現し、白石監督は「もう最高な奇跡のコラボに一瞬にして体温が跳ね上がります!」と興奮気味。「主人公・諸星がノンストップでまさに道なき道を切り開き、人生を疾走させていく! たとえそれが間違った道であれ人生にあと戻りはないのだ! この曲を聴いて僕自身映画の見え方がまた違った色を帯びました! そう、反骨! まさに諸星の人生を体現し、そして映画に新たな熱と速度をもたらしてくれる素晴らしい曲です!お楽しみに!」と呼びかけている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 東京スカパラダイスオーケストラfeat. Ken Yokoyamaの楽曲「道なき道、反骨の。」が、映画『日本で一番悪い奴ら』の主題歌に決定
  • 映画『日本で一番悪い奴ら』 (C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

オリコントピックス