• ホーム
  • 音楽
  • ディーン・フジオカ、幻の音源を初CD化 商品化の声が殺到

ディーン・フジオカ、幻の音源を初CD化 商品化の声が殺到

 俳優だけでなくモデル・音楽と多彩な才能を発揮するディーン・フジオカ(35)が、2008年から2013年の約5年かけて作り上げた“幻の音源”をアルバムとして今月30日から、オンラインショップ「A!SMART(アスマート)」流通限定で発売することがわかった。

【写真】その他の写真を見る


 アルバム名は『Cycle』。ディーンが旅をしながら吸収した世界の音楽と、今まで聴いてきた自分の音楽のルーツをミックスして、英語、中国語、日本語の3つの言語で歌われるポップスというテーマで落とし込んだ、2013年までのディーンの音楽の集大成。ミュージシャンとしても、ネクストレベルへ向かうディーンの音楽の原石が詰まった作品となっている。

 また、アルバムはインドネシアで、音楽のパートナーのDJ SUMOとレコーディングしたもの。レコーディングした曲からは「My dimension」が日本で初監督、初主演した『Iam ICHIHASHI 逮捕されるまで』の主題歌(2013年11月6日配信)として起用され、アルバム自体は2013年に完成しながらもリリースまでに至らなかったまさに“幻のアルバム”。このほど、作品の問い合わせ殺到により、急きょ発売されることとなった。

 ディーンは「一曲一曲、それまでの人生の『ある時期』『ある時期』に思っていたことを歌詞としても紡いでいます」と説明し「自分的には日記みたいな側面のあるアルバムだと思っているので、ある種の自己紹介みたいなアルバムです」とコメントを寄せている。

■アルバム『Cycle』
1. My Dimension
2. Sweet Talk
3. Thirsty
4. April Fool
5. Banana Muffin Blues
6. S.O.F.
7. Mr.Taxi
8. Priceless
9. Midnight Messenger
10. Showdown
※アスマート先着購入特典:サイン入りB3ポスター付き



関連写真

  • ディーン・フジオカの“幻の音源”がCD化決定
  • ディーン・フジオカの「Cycle」の特典ポスター
  • ディーン・フジオカのアルバム「Cycle」ジャケット写真
タグ

オリコントピックス