市村正親、音楽イベントで司会に初挑戦

 創立90周年を迎えるNHK交響楽団が音楽ジャンルの垣根を超えて、さまざまなアーティストとコラボレーションするイベント『N響 CLASSICS×POPS with SPECIAL ARTISTS』が、きょう22日、東京・渋谷のNHKホールで開催される。後日、NHKで放送予定の同イベントの司会を、舞台・ミュージカル・映画など多方面で活躍する俳優の市村正親が務めることが明らかになった。市村が司会を務めるのは、今回が初となる。

 かつて劇団四季で活躍していた市村は音楽にも造詣が深く、スペシャルゲストとして出演予定の黒柳徹子とも親交があることから、今回の“初司会”が実現した。『鶴瓶の家族に乾杯』『ためしてガッテン』の司会などでおなじみの小野文惠アナウンサーが、市村とともに司会を担当する。

 同イベントにはほかに、椎名林檎初音ミク、脳科学者の茂木健一郎氏、渡辺麻友AKB48)の出演が決まっている(50音順)。渡辺はN響とのコラボレーションで連続テレビ小説『あさが来た』のオープニング曲「365日の紙飛行機」を披露。そのほかのアーティストもオーケストラと斬新なステージを作り上げる。クラシックの名曲や大河ドラマ『真田丸』のテーマ曲なども演奏予定。

 イベントの模様は、総合テレビで4月9日放送(後10:30〜11:45※11:00〜11:05は『ニュース・気象情報』のため中断)。



タグ

オリコントピックス