• ホーム
  • 映画
  • 有村架純「頭取れちゃうかと…」 激しいクラッシュ撮影を回想

有村架純「頭取れちゃうかと…」 激しいクラッシュ撮影を回想

 女優の有村架純(23)が20日、都内で行われた映画『アイアムアヒーロー』(4月23日公開)完成報告会見に出席。海外で行われた大規模な撮影に有村は「初めてのことだらけで、すごく毎日が自分にとって刺激的でした」といい、車のクラッシュシーンでは「頭が取れちゃうんじゃないか」と激しかった撮影を振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 原因不明の感染によって理性を失い、人を襲う謎の生命体ZQN(ゾキュン=作中でのゾンビの名称)によってパニックに陥る世界が舞台。有村は、主人公・鈴木英雄(大泉洋)と出会い、行動を共にする女子高生・比呂美を演じる。

 海外で撮影された大規模な撮影の一つに、大泉と有村が乗車したタクシーがクラッシュするシーンがあり、有村は「タクシーの中で、事故が起こるまでの撮影を韓国のスタジオでやったのですが、アトラクションに乗っているかのように激しく揺れて、思わず笑ってしまうくらい。頭が取れちゃうんじゃないかと…」と回想。大泉洋(42)も「笑っちゃいけない撮影なのに笑っていた。遊園地気分だった」と明かした。

 原作は、2009年から『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中の花沢健吾氏による人気漫画。会見には佐藤信介監督(45)、山内章弘プロデューサー(46)、原作者の花沢健吾氏(42)も登壇した。



関連写真

  • 『アイアムアヒーロー』完成報告会見に登壇した有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 『アイアムアヒーロー』完成報告会見に登壇した大泉洋と有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 『アイアムアヒーロー』完成報告会見に登壇した(左から)佐藤信介監督、大泉洋、有村架純、原作者・花沢健吾氏
  • 『アイアムアヒーロー』完成報告会見に登壇した大泉洋と有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • レオ様に似ている(?)と鼻高々な大泉洋 (C)ORICON NewS inc.
  • 『アイアムアヒーロー』完成報告会見に登壇した大泉洋 (C)ORICON NewS inc.
  • 『アイアムアヒーロー』完成報告会見に登壇した(左から)佐藤信介監督、大泉洋、有村架純、原作者・花沢健吾氏
  • 『アイアムアヒーロー』完成報告会見に登壇した原作者・花沢健吾氏

オリコントピックス