• ホーム
  • 芸能
  • 中川翔子、髪50センチバッサリで人生初ショート「心に眼球が追い付いていない」

中川翔子、髪50センチバッサリで人生初ショート「心に眼球が追い付いていない」

 タレントで歌手の中川翔子と俳優・瀬戸康史が21日、兵庫・神戸にグランドオープンしたネスカフェ三宮の一日店長を務めた。今春から人生初の一人暮らしをスタートさせた中川は、こちらも人生初というショートカットをお披露目。「昨日、一日店長を前に気合を入れようと思いまして。レベル30(30歳)にもなると、一つ一つのことにより一層、気合が入ると言いますか、バッサリいきました。50センチくらいは切りましたね」と晴れやかな笑顔を見せた。

【写真】その他の写真を見る


 5月に初舞台『ブラックメリーポピンズ』出演などを控え「いろいろなものがみなぎっている」という中川が大胆にイメチェンしたのは、大好きなアニメ『ポケットモンスター』のキャラクター・セレナに影響されたからと説明。「長い髪を切ってポジティブになるというキャラクターなので、そこに共感しちゃいました」と告白した。

 しかし、前日に切ったばかりとあり「鏡を見ると、心に眼球が追い付いていないと言いますか。自分で自分にびっくりしちゃいました」と照れ笑い。瀬戸も「僕も若干髪を切って気合を入れてきたんですけど、さすがに中川さんの横だと、目立たなくなってしまいました」と笑いを誘った。

 同店では27日までの期間限定サービスとして、好きな写真をデータ送信するだけで、1分以内にオリジナルラテアートが完成する「ネスカフェ フォトラテ」を設置。カップに注がれたラテの表面に、お気に入りの写真がカラーで再現されるとあり、中川は愛猫“マミタス”のデータを送信した。

 毛並みまできれいに再現されたラテアートを見つめた中川は「遠く、東京・中野の自宅に置いてきたマミタス様と、今、ここで会えるとは! マミタス様の深い母性と愛までが表現されています! 一口飲むたびに細胞が生き返って、寿命が100年延びるような気がします。自分にとって、一番大切な存在を飲み干す。究極の愛の行為です」と大興奮していた。

 一方の瀬戸は「僕は爬虫(はちゅう)類が大好きなので」とカメレオンの写真を送信。色鮮やかなタッチで再現されたカメレオンに「ラテの泡の部分が、爬虫類のゴツゴツした肌の質感をよく表していて、スゴイ! 目で楽しんで、味で楽しんで、両方楽しめるのがうれしいですよね」と感激しきりだった。



関連写真

  • 50センチバッサリ!人生初のショートカットを披露した中川翔子
  • ネスカフェ三宮でフォトラテアートを体験した(左から)中川翔子、瀬戸康史
  • (左から)ネスレ日本・國寳友幸氏、瀬戸康史、中川翔子、ネスレ日本・石橋昌文氏

オリコントピックス