• ホーム
  • 芸能
  • カンテレの女性アナウンサー“竹上×竹崎コンビ”、春からひとり立ち

カンテレの女性アナウンサー“竹上×竹崎コンビ”、春からひとり立ち

 昨年4月に関西テレビに入社した新人アナウンサーの竹上萌奈と竹崎由佳が、4月からそれぞれ新たに担当する番組が決まった。偶然にも苗字に「竹」の文字が入った二人は“竹×竹コンビ”としてセットで活躍する機会も多かったが、入社2年目となる春からはひとり立ちして、一層切磋琢磨し合うことを誓った。

 4月から竹上アナは日曜午後3時放送の競馬番組『競馬BEAT』にアシスタントとして新加入。「競馬初心者」だけに「競馬について猛勉強の毎日」という竹上アナ。担当が決まってから毎週土日に競馬場に通っているといい、「柵のギリギリで競争馬の走る姿や顔、体の模様を見ているとひきこまれる。競馬って本当に奥が深いんだなと行くたびに面白くなってきています」とその魅力にハマりつつあるよう。「競馬初心者の方からファン歴の長い方まで、みなさんに楽しんでいただける番組を作っていきたい」と意気込んでいる。

 竹崎アナは日曜午後1時59分放送のバラエティー番組『マルコポロリ!』の新アシスタントに就任する。「『マルコポロリ!』は今年で10周年を迎える、長く愛されている番組。私も中学生のころから観ていたので、参加することができてとてもうれしく思っています」と喜びを意欲に変える。竹崎アナは昨夏、現アシスタントの高橋真理恵アナに代わり、同番組に出演したことがあり、「本当に台本も筋書きもない。バラエティー番組はナマモノだなと思いました」とスタジオの丁々発止のやりとりに驚いたとか。それだけに、「自分が出演することは楽しみですが、それと同時に、やはり不安も今はあります」とプレッシャーも。「出演者の方が思わず本音をポロリと漏らしてしまうような、楽しい雰囲気を作れるよう頑張ります」と話していた。

 なお、二人が着ているTシャツに描かれているのは、同局の春の改編キャッチフレーズ「カンテレ見たろっ」のマスコットキャラクター「見太郎」。このキャッチフレーズは、4月26日にスタートする火曜午後9時放送の新番組『ニッポンのぞき見太郎』のタイトルから「見太郎」と「見たろ」の掛詞にちなんだもの。番組は日本の全都道府県、全世代を対象に行ったアンケートをもとにイマドキ日本人のリアルな生態をあぶり出す内容で、俳優の生瀬勝久とフリーアナウンサーの高島彩がMCを務め、チュートリアル徳井義実がレギュラー出演する。



関連写真

  • カンテレの竹上萌奈アナウンサーと竹崎由佳アナウンサーが春の改編キャッチフレーズ「カンテレ見たろっ」をアピール(C)関西テレビ
  • カンテレ新キャラクター「のぞき見太郎」(C)関西テレビ
  • 4月26日スタートの新番組『ニッポンのぞき見太郎』(左から)徳井義実(チュートリアル)、生瀬勝久、高島彩(C)関西テレビ

オリコントピックス