• ホーム
  • 芸能
  • 長谷川京子、悪女の次は…毒舌男のドSな妻に

長谷川京子、悪女の次は…毒舌男のドSな妻に

 女優の長谷川京子が、4月15日スタートのTBS系ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(毎週金曜 後10:00)にレギュラー出演することが20日、明らかになった。

 『夢をかなえるゾウ』や『LOVE理論』などの著書で知られる水野敬也氏の『スパルタ婚活塾』が原案。中谷美紀演じる“39歳・超プライドが高い女子”に対し、藤木直人演じる“超毒舌恋愛スペシャリスト”が、スパルタ恋愛術を指南するラブコメディだ。

 「自分はいつでもしようと思えば結婚できる!」と高をくくり、充実したシングルライフを満喫していた“上から目線”のアラフォーヒロイン・橘みやび(中谷)が、女友達と訪れた割烹料理店で超毒舌な店主・十倉誠司(藤木)から自分が男性から敬遠される“美人・キャリア(女医という高収入な職業)・アラフォー”という三重苦を背負った“恋愛弱者”に陥っている現実を突きつけられるところから物語が動き出していく。

 長谷川が演じるのは、十倉の妻・千波(ちなみ)。フラワーコーディネーターの仕事をしているという彼女は、ドSなクールビューティ。十倉との関係も何やら訳ありの様子だ。十倉はみやびをはじめ、店に来る大事な客であっても自分の意に沿わない態度や言動をする人間には容赦なく毒舌を浴びせるかなり“オレ様キャラ”な男だが、唯一、千波にだけは頭が上がらず、土下座をしたり、胸倉を掴まれたり…、かなり情けない男に成り下がってしまう。千波は第4話(5月6日放送)から本格的に登場する。

 台本を読んで、長谷川は「面白い! 十倉さん(藤木)がダメ出しする言葉が私たち年頃の女性にはとても響きます、痛いです。痛いけど、心して聞くべき教えもたくさんあるな、とも思います」と共感。かねてから念願だった中谷との共演がかない、「ご本人を間近にしてのお芝居は緊張もしましたが、とても気さくに話しかけてくださるので、最後にはおしゃべりに夢中になり過ぎてお芝居に集中できないくらいになってしまいました(笑)」と話していた。



オリコントピックス