• ホーム
  • 映画
  • Project Itoh『虐殺器官』新スタジオ「ジェノスタジオ」で制作中

Project Itoh『虐殺器官』新スタジオ「ジェノスタジオ」で制作中

 昨年9月に制作会社のマングローブが経営破綻したことにより公開延期となっていた劇場アニメ『虐殺器官』。現在、同作チーフプロデューサー・山本幸治氏が同年11月に設立した新スタジオ「ジェノスタジオ」によって制作が継続されている。公式サイトに新たなティザープロモーションビデオが公開され、ホッとしたファンも多いだろう。

 夭折の作家、伊藤計劃氏の原作小説を劇場アニメ化してく一大プロジェクト、ノイタミナムービー「Project Itoh」は、昨年、円城塔氏との共作『屍者の帝国』と、遺作である『ハーモニー』が公開され、『虐殺器官』も当初同時期に公開される予定だった。

 監督の村瀬修功氏は「誰も予想できない事態が起こってしまいましたが、こうして制作継続が決まったのは、伊藤計劃さんが与えてくれた好機のようにも考えることができます。山本チーフプロデューサーが立ち上げてくださったジェノスタジオには、主要スタッフも再び集まってくれています。皆さんの期待に応え良い作品を作るため、スタッフ一同制作に邁進する所存です」とコメント。

 新ティザーPVのナレーションは、主人公クラヴィス・シェパード役の中村悠一によるもので、今回新たに録り下ろされたことからもスタッフ、キャストとも特別な想いで制作に励んでいることが伺える。続報が待たれるところだ。

■公式サイト
http://www.project-itoh.com

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



タグ

オリコントピックス